冬が終わった?

  • 2018.02.14 Wednesday
  • 18:52

ゆき -3.2℃/-11.3℃

 

 

前日までの不安はどこへやら……

 

するすると、育苗ハウスのビニールをかけてしまいました。

 

 

とは言うものの、

 

前夜から降った雪がけっこう積もっていて、

早朝から、ハウス周りの除雪をバタバタとやったり……

なんだか慌ただしい中での作業でしたが、

いざビニールを滑らせ始める頃には、風もピタッと止み、ものの30分ほどで全作業完了。

 

育苗ハウスのビニールかけがスムーズに行く年は豊作!

 

という、根拠のないジンクスもあるので、

それを信じて頑張りましょう。

 

 

そして、、

 

その後の時間を使って、青色申告も提出、完了

 

こちらは、初めて使う制度の仕訳で間違いがあったのですが、

提出時、空いていたこともあって、係の方がすらすらと修正してくれました。

 

 

確定申告が終わって、ビニールがかかり出すと、いよいよ冬も終わりです。

 

どんな春になるのでしょうか……

準備はできたけど…

  • 2018.02.13 Tuesday
  • 21:00

ゆき -8.0℃/-13.1℃

 

 

なんやかんやで遅れているハウスの準備。

 

昨日と今日、雪が降る中(というか吹雪いてた!)、

ともかくも、育苗ハウスにビニールをかける準備が完了しました。

 

 

今年は雪が多い……

 

もう、何回同じことを書いたことやら……

 

ハウスの横をスコップでホリホリするのも、けっこう大変でした。

 

 

ハウスの中も、1m以上積もっていたのを吹っ飛ばしました。

 

 

てか、温水ボイラーの上に乗ってるコレ!

もはや芸術的!!

 


 

それにしても……

 

準備が出来たのはいいけれど、

今夜から明日にかけて多い所では20cmの積雪とか天気予報で言ってるし……

明朝の風速は7mとか書いてあるし……

 

明日、ビニールなんてかけられるのだろうか?

 

 

 

 

札幌雪まつりでライヴに遭遇

  • 2018.02.12 Monday
  • 20:46

ゆき -8.5℃/-11.3℃

 

 

昨日のコンサートが終わった後、

ちょうど開催中だった札幌雪まつりを見物して来ました。

 

寒かったし、

お腹もすいていたので、

ちょこっとブラブラしただけだけど……

 

今年の目玉は、レナード・バーンスタイン生誕100年を記念した雪像。

 

 

PMF生みの親ですからね。

 

実は、このPMF、当初の計画では北京で開催するつもりだったようです。

ところが天安門事件とかあって、北京開催が難しそうだということになって、札幌で開催されるようになったという経緯があったんですよ。

他にも候補地はいくつかあったのに、なぜ札幌に決まったのか?

最大の理由は、「梅雨がない」ということらしい……

 

ソレハトモカク……

そのバーンスタインやPMFをテーマにしたミュージカル仕立ての劇もあったりして、おもしろかった。

 

 

 

あと……

 

たまたま遭遇したのは、北海道のご当地アイドル・グループのライヴ。

 

 

フルーティというらしい。

 

 

寒いのに、ミニスカートで頑張ってました。

新進演奏家育成プロジェクト オーケストラ・シリーズ 第42回札幌

  • 2018.02.11 Sunday
  • 23:59

ゆき -1.4℃/-3.4℃

 

 

ベテランの演奏家による渋く深みのある演奏もいいが、

ボクは、むしろ若い人の演奏を聴く方が好きだ。

 

若手演奏家のパフォーマンスは、

曲の解釈や表現にはまだ青い所もあるかもしれないけれど、

それを補ってあまりある爽やかさや溌剌とした表現があることが多い。

 

今回の演奏会は、そんなボクの欲求を十分に満たしてくれた。

 

 

当日……

美瑛は吹雪いていたのに、札幌は青空が見える……

 

地下鉄の駅から、中島公園の中を歩いて会場へ。

 

 

今回は全席自由席ということなので、

久し振りに開場前に並んでみた。

 

 

会場30分前に並んだにしては前の方?

50人目くらいかな?

残念なことに、会場の入りは4割ほど。

両サイドはほぼ空席。

なんかもったいないな……

 

 

さて演奏ですが……

 

トップバッターは、ソプラノ板東由依

モーツァルトモテット「踊れ、喜べ、幸いなる魂よ」より、"踊れ、喜べ、幸いなる魂よ"、"アレルヤ"

高音に伸びのある華やかな明るいソプラノ。

会場が温まっていないせいか、やや小じんまりとした響きに聴こえたが、

モーツァルトらしい、ちょっとコミカルさも感じるステキな演奏だった。

 

続いて、ユーフォニアム佐藤悠光

ホロヴィッツ「ユーフォニアム協奏曲」

ユーフォとオーケストラの共演なんて、なかなか聴ける機会はないだろう。

実は、今回のコンサートに行こうと思った決めては、このユーフォ協奏曲なのだ。

それも、選ぼうと思えばスパークやウィルビーなどの華やかで技巧的な曲もあるのに、ホロヴィッツを選曲する辺りが興味深い。

演奏は、なるほどこの曲を選んで来たのが頷けるような落ち着いた音色。

また、切なく歌う表現は見事といえる。

ユーフォの音は、ともするとぼやけ気味になってしまうことが多いのだが、

彼女の音は芯のある輪郭のくっきりとした音色で、細かな音符もはっきりと聴こえる。

「惑星」とか「展覧会の絵」とか……、オケの中で吹いて欲しい奏者だと感じた。

 

前半の最後はピアノ横山瑠佳

ベートヴェン「ピアノ協奏曲第4番」

とても澄んだ音色で、軽やかな演奏。

ベートーヴェンにありがちな陰鬱さとか重厚さよりも、楽天的な明るさが目立った。

オケと共演するには、いささか音量や力強さが足りないか?

 

さて、ここまでで第1部が終了。

長い……

もう1時間半近く経ってるし……

腰が痛くなってしまったので、エントランスにあるオブジェを拝借してストレッチ。

 

 

後半の初めはピアノ水口真由

サン=サーンス「ピアノ協奏曲第5番"エジプト風"」

ピアノが続いたのだが、この2人、かなりタイプが違う。

前半の彼に比べても、重量感のあるどっしりとした音。

しかし、サン=サーンスらしい軽やかな表現はよく出来ているからおもしろい。

惜しいのは、彼女も音量がイマイチ。

全奏になると、どうしてもオケに隠れてしまう。

そのせいで、ラストの盛り上がりも、後ひと息訴えかけて来ない。

でも、表現に合わせた音色も多彩で、ソロで聴いたらもっとステキな演奏が聴けるような気がする。

 

トリはマリンバ入川奨

彼は、札響の首席ティンパニ奏者なのだが、

今回はいつもいる一番後ろの席からステージ最前列に出て来て、

しかも楽器をマリンバに持ち替えてのパフォーマンス。

これも、より華やかな曲を求めれば、ヒグドンやジョリヴェの打楽器協奏曲もあるのだろうが……。

クレストン「コンチェルティーノ」は、けして超絶技巧を駆使したような曲ではないのだけれど、

軽やかなリズム、美しいカンタービレ、力強い和音……、

マリンバの持つさまざまな可能性をよく表現して、ラストを飾ってくれた。

むしろ、前の4人が緊張してちょっと硬い雰囲気だったのに対して、

彼1人だけが、場慣れしているのか余裕綽々な演奏をしていたのがおもしろかった。

 

 

長いコンサートだったが、期待通り、若々しい爽やかさ、大胆な表現、

可能性を秘めた伸びしろまで見せてくれた、興味深いコンサートだった。

 

 

外に出たら、黄昏時に中島公園のゆきあかりが、

幻想的な素晴らしいアンコールを魅せてくれた。

C'est où ? どこ?

  • 2018.02.10 Saturday
  • 19:11

ゆき 1.5℃/-10.5℃

 

 

Il fait chaud aujourd'hui. 今日は暖かい。

 

なんたって、25日ぶりに気温がプラスになったんだから!

言い換えれば、25日間、我々は冷凍庫の中にいたようなもんだね。

 

 

さて、前回の続き。

 

La brasserie に行った時を想定して会話の勉強。

 

ブラッスリーってのは、日本でいえばカフェとレストランの中間のような存在らしい。

朝から夜中まで開いていて、気軽に食事が楽しめる場所なんだって。

 

 

店に入ると、たいてい Vous êtes combien ? と聞かれます。

「何名様ですか?」って感じ。

で、1人なら Je suis seul.、2人なら On est deux.と言います。

On est +数(ウネ 〜と読む)で、「何人です」という表現になります。

ちょっといいお店に入ったのなら、フォーマルな表現として、Nous sommes +数 なんて気取ってみたり……

 

オーダーで迷ったりしたら、

Un instant ,sil vous plait.(アナストン スィルヴプレ)

 

 

他に……

 

せっかくフランスでお店に入ったんなら、フランス語でつぶやいてみる……

 

Ça a l'air bon.(サーレアボン) 

「美味しそう」なんてね。

 

ちなみに、

Ça a l'air mauvais. まずそう

Ça a l'air cher. 高そう

 

ネガティヴなコトは言わない方がいいかな?

 

 

あと……

 

C'est où ? で、「どこ?」という意味になります。

 

Les toilettes , c'est où ? トイレはどこですか?

 

これ、けっこう使いそう。

 

でも、答えはフランス語で返ってくるでしょうから……

果たして理解できるかどうか……

 

 

 

最後に、ありがとうの4段活用。

 

日本語でも、

「どうも」→「ありがと」→「ありがとうございます」→「どうもありがとうございます」

みたいに、いろいろな言い方が出来るでしょ。

同じように、

 

Merci.

Merci beaucoup.

Je vous remerci.

Je te remerci.

 

と、いろいろな言い方が出来るそうです。

 

Je vous remerci. (ジュ ヴ レメルスィ)

くらい覚えておくと、ちょっと感じがいいかも知んない。

 

 

 

さて……

夜も更けてまいりました。

 

Il fait dormir. もう寝なくちゃ。

ご対面。よろしくね。

  • 2018.02.09 Friday
  • 20:41

くもり -1.1℃/-11.,3℃

 

 

ぷろこがいなくなってから、

 

全国のブリーダーや、

近くのペットショップや、

知り合いに聞いたり、

 

とにかく、次の出会いを求めていろいろ動き回ってました。

 

でも、なかなかいい出会いはなくて……

 

気が付けば、

ぷろこがお世話になった大学病院にご挨拶に行って、ひと区切りがついた日の帰り途、

 

よりにもよって、

 

ぷろこと出会ったのとまったく同じ場所で、その出会いはありました。

 

まさに奇縁……

 

 

 

昨日は、

他のお店にいるということで、

FaceTimeというテレビ電話のようなものでお見合い。

 

他にも、トライやブルーマールの兄弟妹姉が4匹いたんだけど、

この子を見た時、「ぷぉ〜〜ん」って感じで、

「あ、この子!」って思ったんです。

 

 

そして今日、

旭川のお店で、リアル対面してきました。

 

 

恥ずかしがって、こっちを向いてくれない……

 

「らゔぇる」と呼ぶと……

 

 

かわいいじゃん。

 

12月1日生まれということは、今日で71日目。

 

ちょっと小ぶりな、困り顔の美人さんです。

 

 

でも、お腹に虫(ジアルジア、トリコモナス)がいる(かもしれない)ということで、ただ今、お薬を服用中。

べつに家で薬をあげてもいいんだけど、

あと少しなので、ちゃんと退治してから連れて帰ることにしました。

 

30分くらい、おみせで遊んで、今日はお別れ。

 

でも、もう「お手」が出来るようになりました。

たまにだけどね……

 

 

ちゃいこらふまと仲良くできるかちょっと不安だけど……

ぷろこも見守っていてくれると思うし、

おうちに来るのが待ち遠しいです。

ふぇあうぇるドライブ

  • 2018.02.08 Thursday
  • 22:49

ゆき -1.0℃/-17.0℃

 

 

ちゃいこさん、酪農学園大学動物病院デビュー

 

 

いやいや、ご安心下さい。

ちゃいこは、病気でもなんでもありません。

 

妹犬ぷろこがお世話になった病院の方や先生にお礼も兼ねてご挨拶に伺ったのですが、

「ボクからもひと言お礼が言いたい」

と言うので、連れて行ったわけです。

 

 

およそ1ヶ月半ぶりの酪農学園大学。

 

今ごろ知ったのですが、

ここは、映画「探偵はbarにいる」のロケで使われた場所だそうです。

 

 

通ったのはちょうど2年。

 

 

こんな道(高速道路)を、片道180km余りもドライブしたわけですが、

それも今回が最後かと思うと、ちょっとどころか、かなり淋しい……

 

ちゃいこさん、車の中ではかなり大人しくしています。

 

 

膝の上は落ち着かないみたいで……

すぐに後部座席に移動。

ここが定位置?

 

 

病院でもかなり自由でした。

 

 

診察室の中をウロチョロ。

先生にも抱いてもらって、かなりご満悦。

 

受付のお姉さんたちにも大人気でした。

 

 

 

帰り……

 

いつも横目に見ているだけで入れなかった焼肉屋「徳寿」でランチ。

 

 

更に、最近開店したコメダ珈琲店で、アフター・ランチ。

 

 

北海道でシロノワールが食べられるなんて!

しかもバレンタイン仕様のいちごヴァージョン。

 

 

ちょっとだけ、市内のブリーダーさんやペットショップも見たりしたけれど、

あまり収穫はなく……

 

フェアウェル江別……

もう思い残すことはないか?

 

実は……

ずっと、車の後部座席(の下)には、ぷろこが座っていました。

病気は大変だったけれど、いい先生たちに出会えて、本当に幸せだったもんね。

 

使わなかったお薬も、

持っていても仕方がないし、

点滴の道具などは適当に捨ててはいけないもの(医療廃棄物)なので、病院に返却。

そしたら、未使用分を返金してくれました。

これがけっこうな金額になっていてビックリ。

 

ともかく……

これで、とりあえずひと区切り。

淋しさの方が勝っていたけど、ちょっとだけホッとしました。

 

 

そしたら……

旭川に着いてから寄ったイオンでらゔぇるを見付けた……

 

まじ?

この子??

 

見付けただけ。

まだリアルに会ってないけど……

こういう日に出会えたのは、きっと何かの奇縁でしょう。

明日、ご対面の予定です。

トマト栽培講習会

  • 2018.02.07 Wednesday
  • 22:57

おてんき -6.7℃/-25.0℃

 

 

今季最低気温の更新。

マイナス25℃でした。

 

寒いはずだ……

 

天気はいいんだけどね……

 

 

さて、そんな今日はトマト栽培講習会

 

毎年参加しているんだけど、

昨年の作況やら、天候やら……

さらには栽培中に気を付けることやら……

そして、病気や害虫の対策やら……

 

あぁ〜〜

こういう話を聞くと不安になってくる。

 

「今年はちゃんと出来るだろうか?」

「病気になって全滅したらどうしよう」

 

こういう不安は、吹奏楽部の顧問をしていた時にもありました。

バンドとしてのサウンドが出来上がるかどうか……

コンクールでの成績が悪かったら……

でも、それで自分の人生や生活がどうにかなるのかと言えば、大したことはないのです。

別に給料を減らされたり、左遷されたりなんてコトはないわけで……

 

ところが、農家にとっては、大げさでもなんでもなく死活問題なのです。

 

収穫が出来ないような状態になれば、収入がなくなってしまうのだから。

それに対する補償も何もないのだから。

 

こうなると、公務員やサラリーマンの方が気は楽です。

「生活が安定している」ってのは、そういうことなんでしょうね。

 

しかも、

いくら自分が気を付けていても、

天候や土壌病などに対しては、ほとんど無力なのですから……

 

あぁ〜〜、怖い…………

 

今年はどんな年になるんだろう?

 

 

 

 

 

追伸……

上の写真、マイルドセブンの丘なんだけど、

インスタグラムに上げたら、

オーストラリアのフォロワーさんから、

「これはどこのスキー場ですか?」って。

そりゃ、農地には見えないよね……

多分……、最後の新年会

  • 2018.02.06 Tuesday
  • 22:42

くもり -7.4℃/-13.0℃

 

 

早い人はすでにハウスにビニールを張ったりしていて、

来週にも育苗が始まったりしたりするわけですが……

 

ま、

うちの場合は、

まだまだ……

 

なんとか、確定申告の仕訳が終わったりしている状態でして、

それも、多分提出は来週になるでしょうし……

 

そんな、

嵐の前の静けさというか……

最後のひと時のような2月の初め……

 

多分、

今年最後の新年会になるであろう集まりがありました。

 

 

我が家は10年くらい前に就農したのですが、

その頃の同期や、そのちょっと後の人たちを交えて、毎年開いている新年会。

今年は、「ちゃい」という、中華料理屋さんで行なわれました。

 

「顔を見られたくない人は下を向いてぇ〜」

と言って撮った写真は、モザイク処理はいらないかと思われる心遣い。

まるで、指名手配犯の集まりやん。

 

 

ソレハトモカク……

就農5年〜10年(一番若い人は1年)という脂の乗り切っている時期……

思うところもいろいろあって、

アアデモナイコウデモナイ……

アアシタラコウシタラ……

イッソコウデナクチャイカン!

いろいろと想いがぶつかって、とても有意義な時間でした。

 

そして、それ以上に……

就農した頃や、それ以来のいろいろなコトや想いを思い出させてくれて……

 

ただ単に、お酒を飲んでおいしい料理を食べて……

なんていう集まりではないんだなと思ったりして、

美味しい料理とお酒でお腹も満たされたけど、
ステキな仲間のおかげで、心も満たされたひと時でした。

 

さて、

みんな、今年も頑張ろうね。

雪かき、始めました。

  • 2018.02.05 Monday
  • 23:21

おてんき -1.4℃/-9.6℃

 

 

天気も良かったし、暖かかったし……

 

絶好の除雪日和だったので、

青色申告の仕訳作業の手を休めて除雪機出動!

 

 

何度も書いてるけど、

今年は雪が多いので、除雪機もなかなか進みません。

 

上の写真は何年前のだろう?

この3倍は積もってます。

 

おまけに風が強くて……

しかも、なぜかボクのいる方向に吹いてくる。

一緒に雪も飛んで来て、気が付けば真っ白け。

 

誰だよ、除雪日和とか言ってたのは……

 

スマホなんて出せる状況じゃなかったから写真もナシ。

 

 

 

結局、数年前に撮った写真をほじくり出して載せると……

ぷろこが写ってるんだよね。

 

 

今日でちょうど1ヶ月……

 

まだ気持ちは落ち着きません。

 

どこを見ても、想い出が詰まってて……

 

 

ほら、呼んだら駆け寄って来そう……

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM