札響名曲シリーズ「モーツァルトx ワーグナー」

  • 2019.10.26 Saturday
  • 23:59

今回は、もし単発だったりしたら、多分わざわざ聴きに行ったりはしないプログラム。

これも、シリーズ通し券のおかげということでしょうか。

 

 

指揮は、首席指揮者のマティアス・バーメルト

 

前半はモーツァルトを2曲。

 

「劇場支配人」序曲は、一般的な快活な演奏ではなく、むしろドッシリとした堂々たる序曲。

モーツァルトっぽくない?

それが狙いなのか?

 

続いて田島高宏(ヴァイオリン)廣狩亮(ヴィオラ)という札響奏者2人をソリストに配して「協奏交響曲 変ホ長調」。

こちらも落ち着いたテンポでゆったりと演奏。

モーツァルトの明るく軽いメロディやオーケストレーションとはちょっとチグハグな感じもするけれど、これはこれで2本のソロが十分に歌えていい感じ。

むしろ、終楽章の華やかさが引き立てられていた。

 

 

休憩をはさんでワーグナーを3曲。

 

歌劇「リエンツィ」序曲は、ワーグナーの中では好きな曲。

相変わらず、遅めのテンポでの演奏。

でも、ワーグナーならば、そのドッシリとした感じはむしろ良い雰囲気。

 

続いて楽劇「トリスタンとイゾルテ」から、前奏曲と愛の死

ん〜〜、エロくない……

ま、それはともかく、この曲の後半あたりからアンサンブルの乱れがちらほら見られるようになってきた。

リハーサルの時間が足りなかった?

それとも集中力が欠けて来た?

かなり細かいバランスに配慮しなくちゃならない曲だけに、緊張感が解けてしまいちょっと残念。

 

最後は楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」前奏曲

名曲だけに、札響も何度もアチコチで演奏している曲。

いろんな指揮者で演奏しているせいかもしれない……

メンバー各々がてんでバラバラなニュアンスで演奏している。

もちろん全体のバランスも崩れて……

ラストこそ壮大に盛り上げて終わることが出来たが、展開部などはむしろ崩壊していたと言ってもいいかもしれない。

 


 

さて……

Twitterでもちょっと呟いて2,3ご意見をいただいたが……

 

最近の札響を聴くと、個々のレベルは上がっているのに、全体のアンサンブルが雑に感じることが多い。
思うに、尾高さんが頻繁に登壇していた頃に比べ、ポンマー、バーメルトと外国人指揮者が続いて、「オケの音」を作る時間が少なくなったことがその要因ではないか?
多彩な指揮者と共演することは、いろんな音楽管に触れることになり、そうした意味での成長はのぞめるが、
一方でオーケストラの土台となる「音」を作ることが出来なくなってしまう。
アマチュアのように、長い練習時間がとれるわけでないので、ちょっとしたハーモニーやトゥッティでのバランスなど、基本的なことはあらかじめ作っておかないと、リハーサルしだいでは聴き苦しい演奏になる恐れも出て来る。
特に、近年はメンバーの入れ替わりも激しく、尾高時代に作り上げたサウンドも変わって来ている。
それはもちろん良いことなのだが……
地方オケとは思えないような素晴らしいコンマスを2人も抱え、
恐らく日本クラスとも言える木管セクションをもち、
金管も打楽器も弦も充実してきているのに……
誰かドッシリと腰を据えてサウンド作りをする指揮者がいたら、どんなに素晴らしいオケになるだろうと思うと、すごくモッタイナイ気がしてならない。

『星が「死ぬ」とはどういうことか』(田中雅臣・著)

  • 2019.10.22 Tuesday
  • 21:36

おてんき 15.5℃/0.1℃

 

 

ずいぶんと昔のことなので記憶違いもあるかもしれないが……

 

高校1年生の「理科1」の授業で超新星爆発のことをやったとき、

教科担任だった磯貝先生の話の中に、次のようなことがあった。

 

平安時代の貴族の日記の中に、この超新星爆発の記事が書いてある。

今までなかった場所に明るく輝く星が突然表れて、昼でも明るく光っていた。

当時の人々も不思議に思って日記にも書いたんだろう。

ひょっとしたら、藤原道長もこの超新星爆発を見たかもしれないよ……

 

当時のボクは、高校を卒業したら大学に進もうとまでは考えていたけれど、大学で何を勉強しようかとまではハッキリと決めていなかった。

なんとなく、「歴史が出来たらいいな」くらいには思っていたけれど、

そのとき、「天文学もいいな。そしたら、超新星爆発について研究してみたいな」と思った記憶がある。

その後、2年生に進級する時、「理系のクラスは男子ばかり」という理由から文系クラスを選んだため、天文学についてはそれっきりになってしまったけれど、今でも当時覚えた星座や星の名前は忘れていないし、宇宙のことについての興味も深い。

 

 

さて、この本は、そうした天文学初心者のボクのような者に対しても、分かりやすく噛み砕いた書き方で超新星爆発について書かれている。

一章ごとに「まとめ」として要点を押さえてくれたり、興味を深めるような「コラム」を用意してくれているのもおもしろい。

 

書き方も、小学生に語りかけるような口調で、しかし内容は本格的な天文物理学の話を進め、

言葉だけでは理解しにくい内容も、平易な図で補足してくれている。

 

もっとも……

理科、それも物理となると、ボクの知識も理解も高校1年生でストップしている(しかもあまり覚えていない)ので、後半の内容は少々難しかったけれど、それでも最後まで今日見深く読了できたのは、話の進め方に魅力があったからだろう。

 

面白かったのは、今(著述された2015年現在)分かっていることだけではなく、「これから」のことについても述べられている点だ。

あと10年くらいして、同じような内容について書かれた本が出たりしたら、ぜひ読んでみたい。

どのくらい、研究が進歩したのか……、楽しみである。

 

 

 

 

著者の田中雅臣氏は愛知県出身。

県立半田高校を卒業後、東京大学・同大学院に進み、天文学を専攻。

26歳で、修了年限特例による博士論文早出し卒業し理学博士となったそうだ。

 

実は田中くん……

ボクが初めて担任したクラス(4年2組)の生徒でした。

当時は、勉強ができる子ではあったけれど、経歴から想像するような天才児という印象はなくて、

放課後は普通に部活動とか一生懸命やってたし、

誰にでもやさしい「とてもいい子」という印象。

例えば自分の娘の婿さんが田中君だったらいいよな」というような……

 

 

この本はたまたま見付けたんだけど、

自分がかつて勉強したかった超新星爆発について、

かつての教え子から教えてもらうというのは、なんとも興味深く、嬉しく思うのです。

 

 

ここは星もキレイだし、望遠鏡、買っちゃおうかなぁ〜。

 

 

JUGEMテーマ:読書

カボチャな毎日

  • 2019.10.18 Friday
  • 20:51

おてんき 12.5℃/-3.0℃

 

ハウスに入れば、まだいっぱいトマトの実があるように見えるんだけど……

 

 

4日前には、我が家も初霜を観測し、

 

 

今朝はマイナス3度。

大雪山もすっかり雪化粧。

 

 

こんな寒いのに、トマトが赤くなるわけもなく……

 

例年よりはちょっと早いのですが、

カボチャの出荷作業に精を出しています。

 

 

キュアリングが終わったカボチャを磨き、

 

重さを量ってサイズ別に選別し、

 

箱に詰めて、トラックに積み……

 

 

そんな作業を1日中やっていると……

 

 

 

 

飽きて来ます。

 

 

スミマセン、

先ほど、「精を出して…」と書きましたが、あまり出ていません。

むしろ、だらだらとやっています。

 

それでも、

連日、80箱ずつは出荷してるので、

まぁ〜、2人だけの作業としては、ぼちぼちかも。

 

 

そんな作業も、まだ1週間以上かかりそうで……

 

やっぱり、飽きてしまいます。

ウィーン・フーゴ・ヴォルフ 三重奏団

  • 2019.10.11 Friday
  • 22:43

おてんき 21.6℃/6.7℃

 

 

直売所によく買いに来て下さるお客様から、

「コンサートのチケットが余ってるから、聴きに行きませんか?」

と誘われて行ったのがこのコンサート。

 

先月の札響名曲シリーズから、今月末までコンサートの大穴が空いていたので、

若干音楽欠乏症にかかっていたこともあり、二つ返事でお誘いに乗っからせていただきました。

 

 

元ウィーン・フィルのコンマスだったダニエル・ゲーテ氏が結成したピアノ三重奏団。

室内楽のコンサートなんて滅多に行かないし、ましてピアノ三重奏なんて初めてかも。

 

しかも、いわゆる関係者のみの非公開コンサート。

学校法人宝田学園(旭川明成高校など)の文化事業だそうです。

 

そういうこともあって、同校の卒業生である渋谷藍香さんもメインプロで共演。

爽やかな演奏を聴かせて下さいました。

 

 

旭川で世界規準の演奏に触れられる機会は少ないし、

しかも、ブルッフ、ブラームスの他にも、ファリャやコルンゴルト、ショスタコーヴィチ……

知らない曲ばかりだったけど、プログラムも多彩で楽しめた。

 

疲れた身体に、すてきな栄養補給をもらった夜でした。

 

青い池、紅葉狩、白金温泉。

  • 2019.10.07 Monday
  • 16:52

くもり 16.1℃/-0.3℃

 

 

ブログの更新がないと、「大丈夫?」と心配をかけてしまったりしているようですが、

とりあえず、生きてます。

 

また、たまに更新すると「コンサートに行った」という記事ばかりになって、

「遊んでばっかりいるね」とか「余裕があっていいね」などと言われますが……

たまにしか行けないから記録しているんです!

いつも遊んでいるわけじゃない!!

 

むしろ、今年は忙しかった。

 

昼食を食べる暇もないまま2時過ぎまで収穫して出荷……

なんてことが何週間も続いた。

 

それでいて収入は平年以下!

 

もう、やってらんない…………

 

 

ちなみに昨日は7ケース、

一昨日は3ケース。

 

寒くなってきてトマトもなかなか赤くならないし、

そもそも赤くなるべき実がない。

 

そんなこんなで、今日は今年初マイナス

 

「もういいや」と投げやり気分で、今季、一度も行けなかった白金温泉にプチ慰安旅行。

 

 

途中、何年ぶりかで青い池へ寄った。

ビックリするくらい観光地化していた。

 

 

その後、温泉を通り越して望岳台まで上り、紅葉狩り。

すでにちょっと終わりかけてる?

 

 

久し振りの温泉は、

湯の香りと広い露天風呂でまたぁ〜〜り。

 

心も身体も癒されて……

明日からは片付けモードかな。

かぼちゃ穫れた

  • 2019.10.01 Tuesday
  • 20:56

おてんき 22.3℃/7.1℃

 

 

カボチャの収穫が終わった。

 

例年ならば、「そろそろ始めようか」という時期なのだが、

今年は何を思ったのか早々に始めて早々に終わってしまった。

 

 

葉っぱが枯れるまでは、隠れて実が見えないので全貌がつかめなかったのだが、

いざ始めてみると、けっこうゴロゴロしている。

 

 

しかも、例年はコレデモカ!というほど多いキズモノが意外に少ない。

 

 

おそらく、まだシカやアライグマが活発に動いていないせいだろう。

 

これは怪我の功名☆彡

 

 

結局……

トマトの収穫と並行しながらの作業なので6日間かかってしまったが、

雪化粧だけでも2107ヶ収穫できた。

過去最高には届かなかったが、それでも歴代2位の多さだ。

 

 

それにしても……

今年はカボチャも安いらしい。

 

トマトもそうだけど、今年はいわゆる豊作貧乏になりそうな……

 

 

小人の仕業か?

  • 2019.09.19 Thursday
  • 23:59

あめ 10.9℃/5.8℃

 

 

寒い……

 

外は冷たい雨、

山では初冠雪を記録したそうだ。

 

でも、ハウスの中は、なぜかトマトが真っ赤っか

 

 

誰かが夜中にエスレルを撒いてくれたんだろうか?

 

 

1棟収穫するのに4時間かかった。

 

 

さすがに疲れた……

 

 

札響名曲シリーズ「今度こそ!鈴木秀美」

  • 2019.09.07 Saturday
  • 23:04

あめ 25.6℃/17.6℃

 

 

ちょうど1年前、北海道胆振東部地震と、それに続くブラックアウト。

その影響をまともに受けてしまって中止になったコンサートが2つ。

その1つが、鈴木秀美札幌交響楽団の初共演。

 

楽しみにしていたコンサートだけに、とても残念に思っていたのだが……

 

それが1年後の今日、再演されることになった!

 

 

プログラムも同じ。

 

「シンフォニア ト長調」(C.P.E.バッハ)

交響曲第104番 ニ長調「ロンドン」(J.ハイドン)

交響曲第8番 ト長調 作品88 (A.ドヴォルザーク)

 

アンコール 交響曲第92番「オックスフォード」第3楽章 (J.ハイドン)

 

 

演奏はモダン・ピリオドとでも言うのだろうか、

14型の対向配置から出て来るサウンドは、いつもの札響とは全然違う。

重厚にして落ち着いたサウンド。

特に木管セクションのアンサンブルは、バランスにもよく配慮が行き届いてとてもクリア。

ノンヴィヴラートのせいか、オーボエやフルートが目立たないが、

かえってそれが全体のサウンドを落ち着いたものにしていて心地良い。

 

曲へのアプローチは、特別変わったことをしているわけではなく、

テンポ設定も中庸で目立った特徴はないが、

特にドヴォルザークでは、ピリオド奏法のために全く違った曲を聴いているような新鮮さが感じられた。

 

 

なお、会場には先日(9月1日)に亡くなられたラドミル・エリシュカの訃報記事と、

メッセージボックスが設置されていた。

結局(やはりというか)、あの「シェエラザード」が白鳥の歌になってしまったのか……

淋しくなりました……

良い烏はココで遊ばない

  • 2019.08.29 Thursday
  • 19:49

あめ 23.2℃/15.4℃

 

 

農産物直売所「ぷろちゃんのお店」は、今年も大好評で営業中です。

 

道路脇の坂の上本店と、

 

 

納屋の前の坂の下支店

 

 

2店舗に分けて営業しています。

 

主に、トマトやキュウリなど需要の多い野菜は上で、

アスパラガス、トウモロコシ、メロンなど、ちょっと高価な野菜は下で、

という分け方をしています。

 

盗難防止と、商品の入れ替えなどの手間を考えて、こうしてみました。

 

 

さて、おかげで盗難は激減したのですが……

 

実は、先日黒いお客様がおいでになりまして、

トマトやパプリカを袋の上がツツクツツク!

果ては袋から出してもぐもぐ食べる!

しかも食べ散らかして逃げる!

 

今までで一番悪質なイタズラです。

 

そこで……

 

注意書きを置くことにしました。

 

 

良い烏はココで遊ばない。

 

この注意書きを置いてから、とりあえずイタズラはなくなりました。

カラスって、字が読めるんだろうか?

 

なお、日本語の他にも、

 

英語 Good crows don't play here.

 

フランス語 Les bons corbeaux ne jouent pas ici.

 

韓国語 좋은 까마귀는 이곳에서 놀지 않는다.

 

……の3ヶ国語でも書いたので、どの蔵の言葉を読んだのかも気になるところです。

♪京都大学交響楽団 美瑛町演奏会♪

  • 2019.08.19 Monday
  • 20:10

おてんき 28.6℃/14.3℃

 

 

大学のオーケストラを聴くのって、何年ぶりだろう。

たしか、乙川中学校の卒業生が、東京大学のオケに入っていて、名古屋公演があるから聴きに行った時以来か?

てか、それしか聴いたことないかも。

そもそも、アマオケも、まず聴く機会がないもんなぁ〜。

 

 

そんなこんなで、今日は京都大学交響楽団の演奏を聴いて来ました。

 

本当は昨日開催の予定だったんだけど、

先週まで利尻島にいて、台風の直撃を受けたためにフェリーが欠航して間に合わなかったとか……

 

きっと旅疲れもあっただろうに、若いってのは、とにかく素晴らしいね。

趣向を凝らしながら、楽しい演奏を聴かせてくれました。

 

 

最初の「運命」こそぎこちなかったけれど、

後半のアンダーソンでは猫踊りを交えてみたり、

アンコールの「プリンク・プレンク・プランク」では身体を揺らしたり振りをつけたり……

 

「白鳥の湖」のトゥッティではなかなか良いアンサンブルを聴かせてくれました。

 

 

なんにしても、若さがまぶしかった。

大学生たちの、溌剌とした演奏は、聴いているだけで、見ているだけで懐かしく微笑ましくなってしまった。

自分の歳を、実感させられてしまった。

 

 

【追 伸】

コンマス君、上手かった。いい仕事してました。

司会のヴァイオリンさん、落ち着いた、暖かいナレーション、すてきでした。

首席クラリネットの彼女、管で一番良かった。

楽器紹介と白鳥でチューバを吹いた彼氏、まろやかないい音色。見習いたいです。

猫ダンスの4名、スライドホイッスルの彼女、これが一番微笑ましくて涙が出そうでした。楽しかったです。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM