♪札幌交響楽団 第625回定期演奏会♪

  • 2019.12.07 Saturday
  • 23:59

おてんき 0.6℃/-10.7℃

 

 

広上淳一の指揮で、マーラー交響曲第10番(クック版)を聴く。

 

先回の「展覧会の絵」(ストコフスキー版)もそうだが、今年の札幌交響楽団のプログラムは攻めている。

 

 

実は、このプログラムはイマイチ気乗りがせず、行く予定はなかったのだが、

行きつけのおでん屋「まき」の女将のお友達にチケットをいただくことが出来たので、聴きに行ったという経緯がある。

 

とりあえず、ふだんは聴かない曲なので、唯一家にあるCDてで予習。

ただし、こちらはカーペンター版。

実際に聴き比べててみると、かなり相違がある。

 

しかも、通常はミュートしたバスドラムで叩く所(第4楽章終盤〜終楽章)を2台のミリタリードラムで叩くという、

おそらく日本初演での演出。

終演後、ステージ上のドラムを指差しながら話していたら、

まだ残っていた団員さんが「広上さんの指示でそうしたんだよ」というお話を詳しくして下さった。

こういうことも初めてで、嬉しい体験だった。

 

 

今回のプログラムは、バーメルトがわざわざ広上に依頼したんだとか……。

広上自身、日本で10番を指揮したことはないそうだから、

いろいろな意味で思いが入っていたのだと思われる。

演奏も、いつもの札響とは全然違ったサウンド、表現。

招待席ということで、2列目で聴いたことも大きかったかもしれないが……

 


 

旭川に帰ったら、お土産のクロワッサンを持っておでん屋さんへ。

お礼がてら食べに行ったんだけど、女将さん、身体しんどそう。

ちょっと心配。

 

 

 

 

 

 

【追 記】

ミリタリードラムのお話……

自分の言葉で書くよりも、ご本人のお言葉の方がより正確に伝わるかと思うので、

無断ながら奏者の方のTwitterより引用します。

 

 

元々マーラーのスケッチでは、「ミュートされた大太鼓」なのですが、

今回のクックの譜面は「ミュートされたミリタリードラム(テナードラム)」でした。

1台では音の深みもないので、チューニングに工夫をして2台にしました。

広上さんからもGood choiceと頂きました。

お葬式の号砲や葬送行進曲のドラム、
或いはマーラー本人が患っていた弁膜症の症状、、、等々
素材としてのモチーフは色々と考えられますが、どちらかにしても心の叫びだったんでしょうね。
演奏した方も叫び過ぎて演奏の後は魂が吸い取られた感じでした。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM