♪札幌交響楽団 第620回定期演奏会♪

  • 2019.06.21 Friday
  • 23:59

あめ 24.0℃/11.5℃

 

 

プロコフィエフは大好きな作曲家なのに、実演に触れたのはたった一度だけ。

それも、28年前!

諏訪内晶子のソロ、レニングラード交響楽団の演奏で、曲は今日と同じ第2番だった。

 

 

今回は、ソロを竹澤恭子が弾く。

竹澤さんは、愛知県の大府市出身。しかも大府中学校の卒業生。

聴きたかったソリストの1人で、こういう形で聴けるのは大変嬉しいことだ。

 

指揮はオランダ出身のユベール・スダーン

評判の良い指揮者だし、期待は高まる。

 

 

オープニングは、チャイコフスキー組曲第4番「モーツァルティアーナ」

地味な曲なんだけど、細かなところまで表現が行き届いていて、おしゃれな演奏。

客演ハープの高野麗音さんによると、

「今日の本番は、初めて弾くチャイコフスキーのモーツァルティアーナ。

 短い出番で、ほぼ分散和音のみですが、本番前に思い立って、だからこそできるチューニングに挑戦してみました。

 第三音を低めに、第五音を高く、最後に聴こえる最高音を高めに華やかに。

 自己満足の世界ですが、すっきり聴こえて満足」

確かに、ハープのアルベジオは美しかった。

こういう細かな気遣いって、大事だよね。

 

 

続いてプロコフィエフ「ヴァイオリン協奏曲第2番」

このあたりの曲が、一番プロコっぽいというか、ソヴィエトの体制に影響されていない、個性が光る曲。

竹澤さんのソロは、貫禄十分な、かつ繊細な演奏。

オケとの対話を重視しつつ、しっかりとリードしていて好演。

 

伴奏は、実はちょっと心配だったのだが……。

確かにちょっとギコチナイ部分も見られたけど、

スダーンの指揮も良かったのか、よくまとまっていた。

 

 

メインは、サンサーンス交響曲第3番「オルガン付き」

オルガンは、kitara専属オルガニストのシモン・ボレノ

このオルガン・ソロがちょっと上品過ぎてインパクトに欠ける部分はあったけれど、

オーケストラはメリハリの効いた熱演。

熱が入り過ぎたのか、終盤になると息切れが見られ、細かい事故も頻発。

トランペットのハイトーンをオクターブ下げちゃったり、ホルンのソロを外したり……。

は、難しい部分なんだけどね。

 

 

総じて、今日の札響は良かった。

きっと、2日目のマチネは、もっといい演奏をするんだろうなぁ〜。

やっぱり、定期は2日目だよね。

 

 

なお、開演前のロビーコンサートは金管五重奏。

クーツィールの「子どものサーカス」。

これも楽しい演奏だったし、何より、金管アンサンブルの響きを懐かしく感じた。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM