『死因を辿る』(五島雄一郎・作)

  • 2019.06.16 Sunday
  • 21:16

あめ 22.0℃/12.3℃

 

 

作曲家たちは、どんな病気にかかり、どんな原因で死んで行ったのか……。

それを、彼らが残した作品とともに、その因果関係などを明らかにしていくのが本書の狙い。

 

作者の五島氏は、執筆当時大学病院の院長であり、動脈硬化の権威であったという。

 

 

本書では、バッハやベートーヴェンなど40人もの作曲家たちの健康状態について、その作品との関連をも合わせて述べられている。

 

まず思ったのは、心身ともに健康で、健全な人生を送った作曲家などほとんどいないということだ。

 

かろうじて、ハイドンドヴォルザークロッシーニがそうであったかと思われる。

本書には含まれていないが、リムスキー=コルサコフなどもそうした1人であっただろうか。

 

圧倒的に多いのは、鬱症状をもった作曲家である。

シベリウスハイドンベートーヴェンショパンヨハン・シュトラウスヴェルディベルクグリーグフォーレがそうだし、

チャイコフスキーシューマンベルリオーズに至っては、そのあげくに自殺未遂まで起こしているというのも興味深い。

 

更にシューベルトメンデルゾーンリストレーガーファリャなど躁鬱病の作曲家も含めれば、

真因的な病いをもった作曲家がいかに多いかに驚かされる。

ただし、彼らはみな、こうしたとかとという心の状態の中で名曲を残しているのであって、音楽家としては必ずしもマイナス要因ではないのかもしれない。

 

結局、作曲家とにしろ、あるいは作家や画家もそうだと思うが、創作活動をする人間というのは内向的な人物が多く、

あるいは自分との対話を常にしているからこそ、にもなってしまうのかもしれない。

 

 

奇人変人も多い。

ベルリオーズなどはその最たるものだろうし、モーツァルトブラームスベートーヴェンも十分に奇人の仲間入りが出来るだろう。

また、ドビュッシー(不倫)やブルックナー(ロリコン)といった女性関係にいびつさをもった人物も多い。

 

 

音楽室の壁にかかった肖像画を見たり、完成された音楽を聴いたりしていると、

みんな非のうちどころのない立派な人たちに見えるけれど、

ちょっと視点を変えて、その健康状態から私生活をのぞいてみたり、女性関係、家族関係を見てみると、

意外に「みんな普通の人間なんだなぁ〜」と気付かされて、親しみもわいてくるのがおもしろい。

 

電車で偶然隣の席に座っていそうな、普通のオジサンたちばかりのような気がして、

そう思いながら改めて曲を聴くと、また違った印象を受けるから、不思議なものだ。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM