♪新国立劇場バレエ団「白鳥の湖」♪

  • 2018.11.23 Friday
  • 22:57

ゆき -0.2℃/-5.0℃

 

 

初真冬日。

初吹雪。

 

トンデモナイ天気になっちゃったけど、札幌まで足を運んでバレエ鑑賞。

 

生のバレエを観るのって、ひょっとして新婚旅行のパリ・オペラ座以来?!

てことは、13年ぶり?

 

 

好きな割りには、あまり……、というか全然見る機会がないんだなぁ〜。

若い頃に招待されて見に行った「ドン・キホーテ」や「チャップリン」くらいか?

どちらも録音音源で、感動はイマイチだったな。

 

 

さて、会場は札幌に新しくオープンした札幌芸術文化劇場hitaru

動線が悪いとか、使用量が高すぎるとか、名前が紛らわしいとか、なにかと評判は良くないが……

 

 

開演前、まず驚いたのは男子トイレが女子トイレに返信していること!

 

そういえば、やたらと女子率が高い。

さすがバレエ公演。

そして、小学生くらいかと思われる女の子もあちこちに座っていた。

「この子たち、最後まで大人しく観ていられるのかな?」とちょっと不安になったのだが……

案の定、ガサゴソと袋から飴を取り出したり、

うぅ〜〜んと手を上げて背伸びをしたり、

小声ではあるけどオシャベリをしたり、

そんな光景がアチコチであったそうだ(Twitterより)。

 

 

演奏はアレクセイ・バクラン指揮札幌交響楽団

札響がピットで「白鳥湖」を演奏するのは10年ぶりらしい。

各ソロはいい仕事をしていたと思う。

オーボエが大活躍するこの曲で、美しいソロが聴けたのはまず何より。

第1幕でのコルネットのソロも良かった。

ただし、アチコチで事故が起こったのも事実。

さらに、全体のバランスも、まるで均整が取れておらずバラバラ。

特に休憩後の第3幕の冒頭はほとんど崩壊していた。

ピットで演奏することの難しさを感じざるを得ない。

 

バレエの方は、特に詳しいわけでもないのでコメントは難しいのだが、

率直な感想からいえば、スケールの小さな印象を受けた。

ステージが横に広くないことも影響があるのかもしれない。

あるいは、日本人の体型が、手足が長くないことも……

 

演出については、今回はハッピーエンディング・バージョン。

以前オペラ座で観た王子様死んじゃうバージョンも哀しくて切なくて後味悪かったけど、

こんな「愛の力」で悪魔を倒してしまうというエンディングというのも、ちょっとチャラい。

このエンディングが全体の印象を軽くしてしまっているのは否めないかも。

 

かなり辛口な感想で申し訳ないが、

期待して見に行っただけに、十分に満足させてはもらえなかった。

 

 

そして……

次回のバレエ公演は来年冬の「くるみ割り人形」だそうで。

それまで、生演奏でのバレエ公演はナシですか?!

「カルミナ・ブラーナ」も「ドン・キホーテ」も録音音源だもんなぁ〜。

せっかくいいホールを作っても、そんなに公演が少ないんじゃモッタイナイよ。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM