真夜中のカボチャバイキング

  • 2017.10.26 Thursday
  • 08:00

おてんき 13.1℃/-0.7℃

 

 

深夜、静寂の中に響くピィーという声。

窓から畑の方をのぞくと、そこにはたくさんのホタルが!  

 

いや、違う。あの光っているのは……、

鹿の目!

鹿の大群が畑にいるんだ。  

 

翌朝畑に行ってみると、案の定カボチャが食い荒らされていました。

バターナッツなんてほぼ全滅。

皮が軟らかいので食べやすかったんでしょうね。

一方、皮の硬い雪化粧なども、蹴られたり踏まれたりしてたくさん傷がついていました。

被害はカボチャだけではなく、小豆や枝豆もガツガツやられていました。

 

 

 

今年は山の中に食べるものが少ないようで、鹿だけではなく、アライグマやキツネもよく畑に現れます。

彼らの棲家である山や森から近い我が家の畑は、絶好のエサ場になっているんでしょうね。

夜の畑は、まるで動物たちのバイキング会場のようです。  

 

思い起こせば、今年ほど獣害にあった年はありません。  

 

春先には我が家のネコにキャベツの苗を食われ、

夏にはアライグマやキツネに混じって我が家の愛犬がトウモロコシを食い荒らし、

そして今回の鹿によるカボチャの被害。

 

   

 

「ペットくらいちゃんとしつけろよ」という声も聞こえて来そうですが…。

とりあえず、野生動物に対しては柵でも設置するしかないのかな。  

 

一方で、獣害以上にヒドイのは、直売所に代金を入れないで野菜を持って行くヒト。

こちらの対策の方がやっかいです。

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM