バッティストーニ&札幌交響楽団

  • 2017.09.15 Friday
  • 23:59

くもり 19.1℃/11.8℃

 

 

今、ノリに乗っているバッティストーニが初めて北海道に上陸!

 

来年の、札幌文化芸術劇場のこけら落とし公演で、歌劇「アイーダ」を振ることが決まって、今回はそのプレ公演。

 

札幌交響楽団とオール・イタリア・プログラム♪

 

 

 

第1部はイタリアオペラの序曲と歌曲を中心としたプログラム。

 

ヴェルディ作曲、歌劇「ナブッコ」序曲

 

プッチーニ作曲

歌劇「ジャンニ・スキッキ」より わたしのお父さん

歌劇「修道女アンジェリカ」より 母もなしに

「交響的前奏曲」

歌劇「トスカ」より 歌に生き、恋に生き

歌劇「蝶々夫人」より ある晴れた日に

 

ヴェルディ作曲、歌劇「運命の力」序曲

 

ソプラノは、「アイーダ」でタイトルロールを歌うことが決まっている木下美穂子

感情豊か、かつ実に伸びやかな歌声で、来秋の「アイーダ」が楽しみになって来た。

また、序曲もイタリア人らしい歌心と、若々しいラテンのノリで活気あふれる演奏。

 

札響は、これまでも若い指揮者の時に、手を抜いた演奏がしばしば見られたが、今回はそんなこともなく、

またソロ陣も個々の見せ場で美しく歌っていた。

気になったのは「ナブッコ」のトランペット・ソロを吹いた若い女の子。

新しい副首席さんだそうだが、音色はキレイなのだか、

なんとなく上手い高校の吹奏楽部のようなソロで、プロらしい堂々とした感じはまだまだ?

期待を込めて(!)もっと自分を前に出した演奏が聴きたいです。

 

 

 

第2部はレスピーギの交響詩「ローマの松」

札響のサウンドは、北欧風な澄んだ音色が特徴だと思うのだが、

そこへイタリアのラテン風な指揮者と曲。

なんかミスマッチな、微妙な温度差を感じつつ、ちょっと遠い所からながめた松の風景。

これはこれで、なかなか新しい雰囲気。

ボルゲーゼ荘、カタコンベ、ジャニコロ……、といい感じで浸っていたのだが、

アッピア街道で吹っ飛んだ!

 

バンダのブッキーナ(今回はトランペットとトロンボーンを使用)が席の真後ろにいる!!

 

この曲でバンダを客席に持ってくる演出はちょくちょく見られるようだが、

これは座った席(今回は2階最前列)によってはかなりヤバイ。

今回はその最悪なケースで、すぐ後ろにトロンボーンがいて、

これがフォルテシモで吹いた暁には、ステージ上の音なんてまったく聞こえない。

もう台無し……

 

この演出、某評論家も言っていたけど、満足しているのは指揮者だけじゃないだろうか。

1階席に座っていればともかく、他の席は客席のことももう少し考えて欲しい。

 

 

 

アンコールは「カバレリア・ルスティカーナ」かな、と勝手に予想していたのだが、

大ハズレの「ウィリアム・テル」序曲からスイス軍の行進。

最後まで派手派手な演奏会でした。

 

 

 

 

さて、3日後にはまたkitaraで東京都交響楽団のコンサートがあるのだが……

台風ヤバイ。

行けるんだろうか……

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM