♪札幌交響楽団 第585回定期演奏会♪

  • 2016.01.22 Friday
  • 23:59
 0.8℃/-13.4℃

ぷろこが退学病院で検査してもらうことになり、
急遽、チケットをとって聴きにいったコンサートです。



席は、LAブロックの8列目39番。
このブロックでは一番真ん中寄りの席ですが、やはり音の聴こえ方はイマイチ。
かたまって聴こえる分にはそんなに悪くないんだけど、
それでも左側面の列だけあって、ステレオには聴こえて来ないんだよね。
それが、今回のコンサートの印象にも大きな影響を与えられてるとは思います。



さて、
今回の指揮はマティアス・バーメルト
御歳73歳の巨匠らしく、指揮は堂々としたものだし、オケも一生懸命演奏してました。



1曲目はラヴェル作曲組曲「マ・メール・ロワ」
フランス音楽の粋の極みのようなこの曲ですが、今日の演奏はむしろドイツ的?
オケの響きがそうさせてるような感じでした。
ソロ陣も、けして悪い演奏をしているわけではないのだけれど、
エスプリを感じさせるような音色・表現ではなかった。
ちょっと異質なラヴェルを聴かされたような……

なお、今日のコンマスは韓国ソウル市のデジョン・フィルハーモニック管弦楽団のコンマスをしている、ピル・キュン・ポール・キムさん。
札響との交流事業の一環なんだそうです。
この曲では何ヶ所もステキなソロを聴かせてくれました。
特に、ヴィオラと副コンマスとの三重奏は素晴らしかったです。


2曲目は、メンデルスゾーンヴァイオリン協奏曲
ソリストは、イザベル・ファウスト
ファウストさん、なかなかオシャレな衣装で登場。
まるで在りし日のジュリー・アンドリュースのような!
彼女のヴァイオリンは、艶やかなというよりはむしろドライな印象。
あえて言うなら、ザラザラとした感じ。
音量もあまり大きい方ではないので、よけいに小じんまりとした演奏に聴こえてしまう。
いや、席の場所のせいかもしれないけど……
メンコンって、若々しくて陽気で無邪気な幸せ感満載な曲だと思うんだけど、
むしろそんな若々しさを冷めた目で観察しているような……。
イザベラ自身、18歳のお子さんを持つ母親だそうで、
そうした、大人の女性の演奏だったように思います。

なお、伴奏ではクラリネットなど木管のアンサンブルが白眉でした。
木管アンサンブルの美しい響き、久し振りに聴いて清々しい気分になれました。




後半は、ムソルグスキー作曲・ラヴェル編曲の、組曲「展覧会の絵」
前半は12型の小編成だったのが一気に3管にサックスやユーフォ加えた大編成に。
冒頭のトランペットのソロから全開でした。
バーメルトも譜面台をどかして暗譜でのびのびと指揮していて、
それがオーケストラから出てくる音にも解放感とか充実感を与えていたように思う。
ただし、ラヴェル的なフランス風の演奏と言うよりは、
原曲のロシア的な臭いが濃いドッシリとした演奏でした。
このあたりは、指揮者云々よりオーケストラの個性のような気がする。
ここ1年でサッ居のサウンドが少し変わっちゃったような……。
北欧的な冷たい空気のようなサウンド、好きだったのなぁ〜。

サックスのソロ(中村均一さん)、ステキでした。
オーボエの金子亜未さん、相変わらず素晴らしかった。彼女のオーボエを聴けるのはこれが最後かと思うと淋しいです。



全体を通して気になったのは、パーカッションの音色。
特にトライアングルと合わせシンバル。
いや、音色と言うより、楽器のチョイス!
「そりゃ好みの問題だろ」と言われたらそれまでだけど、
ピアニッシモでチーンと鳴るトライアングルの音って、とても重要なポイントだと思うんだよね。
プロオケなんだし、1ヶしかないなんてことないですよね。
場面によって使い分けたりしないのかな……
酔いから覚めた感じがしてとても残念だった。
コメント
どーもー!こちらに初コメしちゃいます〜。
お世話になっております。
とうきびとトマトファンのえぬです。
昨年は注文出来ず残念でした(>_<)
今年は一等賞目指します!

トライアングル、フツー何個もお持ちでしょー!
きっと楽員さんのお好みだったのでしょうよ、きっと。。。
か、楽員さんに言われて渋々なのかも〜ナンマンダブ(笑)

・・・効果音って大切ですよね〜(≧∇≦)
  • えぬ
  • 2016/01/23 5:22 PM
初めまして。
コメントありがとうございます。

トライアングル……
たとえボクが演奏するにしても、
「マ・メール・ロワ」のppと、「展覧会の絵」のFFのトレモロを同じ楽器&同じビーターでは叩かないと思うんですよねぇ〜。
ま、シロートの戯れ言ですけど……

トマト、トウキビ、またこのブログやFaceBookでもお知らせします。
ぜひご賞味ください。
  • ちいさま
  • 2016/01/23 9:05 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM