正しい吹き方、間違った吹き方

  • 2013.03.30 Saturday
  • 23:59
  4.8℃/-7.8℃

小学校の金管バンドでトランペットを始めた女の子が、
「右手の親指が痛い」と訴えて来たそうです。

医者に行ったら……
はっきりとした原因は分からないけど、トランペットを吹いている時に痛いのなら、持ち方に原因があるのかも
というような事を言われたらしい。

で、楽器を持たせてみると……

あぁ〜、なるほど☆
その持ち方で、力を入れていれば痛くなるかもしれないな。

詳しいことは、文章で表現するのは難しいので省きますが、
小学校のバンドって、指導する先生も専門の方とかはなかなかいないせいか、
おかしな持ち方・吹き方を教えているケースが多々見られますね。

例えば……
いまだにアンブッシャは「口を横に引きなさい」なんて教えてたり……。

そりゃ、高い音なんて出ませんよ。

こういう悪いクセをつけてしまうと、直すのはなかなか難しい。
いや、子供では直らないかもしれません。
子供って、大人以上に頑固で融通がきかないから……。
ボクは、「正しい吹き方」なんてないと思ってるんです。
「こうすれば良い」なんてのはどだい無理な話しで、
人の身体が十人十色である以上、自分の体型に合わせるしか仕方がないでしょうから。
ナカリャコフなんて、ものすごくおかしな吹き方をしてるのに、あんなに超絶技巧が出来てしまうんだもん。
でも、「間違った吹き方」ってのはあると思うんです。

そんな吹き方をしてたら、上達しないよ。
最悪の場合、身体を壊すよ。

今回のは、まさにそのケースですね。
最悪の場合、顎関節症になりそうな吹き方してました。

でも、「先生はこうしろって言った」「先輩もこうやって吹いてる」って言って、なかなか直そうとはしないんですね。
子供って、本当に意固地です。
乙川中で先生をしてたころ……
小学校でトランペットを吹いていた子には、ほとんどトランペットはまかせませんでした。
吹かせてみると、ほとんどの子が悪いクセを持ってるんだもん。

その子のお母さんも一緒に話しをしていて、
「あぁ〜、だから◎◎小学校の金管バンドの音ってなんか変なんだ。
 他の学校は、もっといい音をしているバンドもあるのに……。」
なんて言ってました。
「今度、楽器を持って来て教えてもらいなさい」
なんて言ってましたが……

ヤダヤダヤダヤダ!

一度ついたクセなんて、絶対に直んないし!
教え出したら、先生の指導を否定することになっちゃうし!!
そんなことしたって、何のメリットもないし……

でも……
だから、美瑛中学校もなかなか上手くならないんだろうな……
モッタイナイナ。。。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM