隠れちゃったキリシタン? 【mixi news より】

  • 2010.11.04 Thursday
  • 22:14
うちのご先祖様もキリシタンでした。
天草弾正久種といって、天草の領主だっただけあって、かなり敬虔な信徒だったようです。

ところが、関ヶ原の戦いで敗れ、その後仕えた小早川秀秋も数年で改易。本当に運がないというか……
没落したあげく、キリスト教も弾圧されて、子孫は曹洞宗を隠れ蓑にしていたようだけど、いつの間にかすっかり曹洞宗の方がメインになってしまったようです。
久種さんも、きっと嘆いていらっしゃることでしょうね。。



■神社でミサ…隠れキリシタン子孫ら参列
(読売新聞 - 11月04日 18:46)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1396423&media_id=20

江戸時代のキリスト教弾圧の下で信者を支え続けた外国人宣教師「サン・ジワン」を慰霊しようと、神父らが3日、宣教師をまつる枯松神社(長崎市下黒崎町)でミサを行った。
森の中にある神社の境内に信者らの聖歌が響き渡った。
隠れキリシタンの子孫や信者ら約100人が参加。聖歌を歌った後、神社に花や果物を供えた。
カトリック長崎大司教区司教総代理の小島栄・浦上教会主任司祭は、旧外海町から五島へ逃れた信者の子孫であることを打ち明けたうえで、「古里に帰ってきたような気持ち。キリシタンは過酷な迫害を乗り越えてきた」などと話した。子孫を代表して村上茂則さん(60)が口述で代々伝えられているオラショ(祈り)を奉納した。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM