札幌交響楽団 深川公演

  • 2017.07.18 Tuesday
  • 23:59

あめ 28.8℃/14.0℃

 

 

吹奏楽どっぷりだった中学生の頃……

一番初めに好きになったオーケストラの曲が、ドボルザーク交響曲第8番でした。

 

恥ずかしながら、きっかけは吹奏楽コンクールでの石田中学校の演奏だったんだけど、

ちょうど同じ頃、東京フィル(指揮は尾高忠明)の演奏をFMで聴いて、

すぐにオーケストラのLP(ノイマン指揮・チェコフィル)を買ったりして……

 

その後、いろんな曲を聴くようになったので、

必ずしも一番好きな曲とまでは言わないけれど、

とても思い入れのある曲の一つであることには変わりないのです。

 

 

 

さて、

今回は札幌交響楽団の演奏でそのドボ8を聴く機会を得たわけですが……

 

指揮は、今ノリに乗っての田中裕子さん。

今年2度目の札響への登場です。

 

会場の「深川市文化交流ホール み・らい」はキャパ700名弱の小さなホール。

オケも12型の小さめの編成だったけど、会場は満員だし、かなりドライなホールのようで、残響が短い短い。

各音がハッキリと聴き取れて、聴きやすかったです。

 

 

プログラムは、

ドボルザークの「スラブ舞曲第1番」

ビゼーの組曲「カルメン」(抜粋)

そしてドボルザークの「交響曲第8番」

 

 

 

「カルメン」では、フルートやオーボエ、クラリネット、トランペット等のソロ陣がいい演奏を聴かせてくれました。

演奏は、それらのソロを前面に出していたような、控えめな印象でしたが、

「闘牛士の歌」や「ジプシーの踊り」になると、それまで抑えていた(?)指揮者の主張が爆発して、

揺らす・ためる・飛ぶ・跳ねる!

 

あるいは、

前日と当日の2日間しかリハーサルの時間がなかったので、ポイントを絞ったのかもしれないなねと妙に勘ぐったり……

 

でも、短いリハの時間の中で、あれだけアゴーギグやイントネーションに変化を付けてまとめられるというのはすごいことだなと思ったり……

 

 

 

そしてドボ8。

あんなにエルギッシュな演奏は初めて聴いた。

熱い!

いや、会場もちょっと暑かったけど、演奏も熱い。

 

 

特に終楽章。ファンファーレの後のテーマ、ここまでテンポを落として演奏するのは珍しいかもしれない。

いや、自分が演奏するのならこのくらい落としたいけれど、

終楽章の頭だし、やりすぎると冗長な感じになってしまいはしないかと、やはりちょっと躊躇しそう。

でも、今回の演奏ではその後のアレグロとの対比が良いコントラストを描いていた。

ただゆっくりなだけではなく、弓をいっぱいに使ってたっぷりと歌っていたせいか、ちょっとブラームスの1番を連想してしまったり……

 

その後のアレグロが熱い。

まるで嵐のような!

とにかく良く鳴らしてガンガン攻めてくる。

 

ぼくのこの曲のイメージは、東欧ののどかな田園風景、村人たちの祭り……

でも、今回の演奏は、むしろロック!

 

いやぁ〜〜、ライブだからこそのノリ。

いやぁ〜、楽しかった、

ちょっと疲れた……

オモシロカッタ♪

 

 

 

おもしろかったといえば……

 

会場近くにこんな立て看板が……

 

 

町を上げてオーケストラを歓迎している雰囲気が伝わって来ました。

 

豪雨

  • 2017.07.16 Sunday
  • 23:59

あめ雷 28.9℃/20.9℃

 

 

バケツをひっくり返してたというのは、あんな感じなんでしょうか……

 

ハウスの中でトマトの収穫をしていたら、

突然、ゴーーーーーーーーーッというスゴイ音。

 

 

ものすごい土砂降りになって、

20〜30分くらいは降り続いてたかな。

 

 

 

そして、案の定、ハウスの中は冠水してしまいました。

 

ま、雨がやんだらす〜〜ぅと引いて行ったけどね。

 

ものすごかった……

 

PMFコンサート

  • 2017.07.15 Saturday
  • 23:59

おてんき 34.1℃/18.3℃

 

 

若い人たちの奏でる音楽は……

たとえ技術が未熟であっても、それ自体が生き生きとしていて聞いているのが楽しくなる。

 

まして、PMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)の参加者は、世界中から選りすぐった奏者の集まりなのだから!

 

PMFのコンサートを聴くのは2年ぶり3度目になる。

 

今回は、準メルクルの指揮で、フランスものを中心としたプログラム。

 

 

 

まずは、ベルリオーズの序曲「海賊」

冒頭、いきなり超快速で始まることもあってか、弦と管がバラバラ。

おいおいおいおい……

でも、活気は満点。

だんだんアンサンブルも合って来て、爽やかな演奏を聴かせてくれた。

 

この曲、大好きなんだけど、なかなか生で聴く機会がなかったので、もうこれだけでも大満足。

 

 

そして、細川俊夫の「夢を織る」

せっかく日本でやる音楽祭なんだから、邦人作品を取り上げるのは素晴らしいことだよね。

しかも現代音楽!

こういう作品は、やはり生で聴かないと♪

そして、生で見ないと♪♪

日本よりもヨーロッパでの評価が高い細川さん。

もっと日本での演奏機会が増えるといいのに……

 

 

休憩をはさんで、ラヴェルのバレエ音楽「ダフニスとクロエ」

この曲を全曲演奏するのはけっこう珍しいんじゃないだろうか。

しかも合唱はなし。

どんな感じになるんだろうと期待半分不安半分。

ん〜〜〜、やはり合唱は必要ですよ、ディアギレフさん。

悪くはないんだけど、ふだん合唱付きで聴き慣れているので、何か物足りない……

 

演奏は、なかなか健闘していました。

教授陣も加わっているせいで、音が厚いし、ソロも安心して聴ける。

ただ、ホルンは学生さんが吹いてました。これが秀逸!

ちょっと速めのテンポでグイグイ押して、迫力満点の元気なダフクロ♪

お腹いっぱいです。

 

 

写真は札幌大通公園噴水とテレビ塔。

まだ薄明るい都会のサタデイナイトを満喫しながら、札幌駅まで歩いてしまいました。

こんにちは

  • 2017.07.06 Thursday
  • 07:00

おてんき 29.3℃/14.6℃

 

 

コンサートのチケットを買いに深川市文化交流ホール「み・らい」に行った時のことです。

入口を入ったとたん、附近で作業をしていた皆さんから「こんにちは」という元気の良い声が聞こえて来ました。

それも何人もから。  

 

コンビニや居酒屋ならともかく、

公共施設でこんな元気なあいさつを聞くとは思わなかったので、

とても驚き、そして何だかとても懐かしい気分になりました。  

 

というのは、以前勤めていた中学校のことを思い出したんです。  

 

その学校は、いわゆる「荒れた学校」でした。

問題行動も多く、生徒同士や教師との関係もギクシャクしていたのですが、

そんな悪い雰囲気を一変させたのが「あいさつ運動」だったのです。  

 

朝、校門に立って「おはよう」と声をかけるのはよく見ますが、そうではなく、

廊下や運動場など、校内のどこで誰と会っても「こんにちは」と笑顔であいさつをするんです。  

 

もちろん最初はうまくいきませんでした。

でも根気強く続けていると、それが当たり前になってしまうから不思議です。

来校した人はみんな驚いていましたね。

変な話ですが、クレームを言いに来た地域の人も、校内に入るや生徒の「こんにちは」攻撃にあってトーンダウンしていました。

あいさつの力ってすごいな、って思います。  

 

だから、うちの直売所でも、

お客様が来たら「こんにちは」って声をかけるようにしています。

 

無人販売のはずなんですけどね…

 

【事件簿】飼い猫に手を噛まれる

  • 2017.06.29 Thursday
  • 20:04

くもり 21.9℃/12.4℃

 

 

昨日昼前、北海道美瑛町の野菜直売所「ぷろちゃんのお店」で、女性従業員が飼い猫に手を噛まれるという傷害事件が起こった。

 

【事件現場の直売所と接客担当の容疑者】

 

当時、同店の接客担当ちゃいこ容疑者(10歳・人間でいうと56歳)は、来店中の女性客の接客をしていた。

 

客が帰る頃になって現れた商品陳列担当の女性従業員B(37歳・猫でいうと5歳)が、

客の自動車の下にもぐったちゃいこ容疑者を引き出そうとしたところ、

怒ったちゃいこ容疑者は女性従業員の左手親指を強く噛み、

出血・切創・リンパが腫れる等、全治一週間ほどの軽症をおわせたとみられる。

 

【ゴキゲンナナメな容疑者】

 

 

事件当時、ちゃいこ容疑者は客に抱かれてなでられる等、至福の時間を過ごしていたが、

女性従業員がそれをジャマしたことにひどく機嫌を悪くしていた模様である。

 

事件に対してちゃいこ容疑者は

 

「にゃぁ〜〜〜」

(噛んだことに間違いはないがケガをさせるつもりはなかった。)

 

と容疑を一部否認している。

 

 

【至福の時間に浸る容疑者】

 

 

なお、被害者は

「だいぶ痛いけど、ちゃいこ様に逆らった自分が悪いのだから…」

と、被害届は出さない方針の模様である。

てきとうな近況…

  • 2017.06.28 Wednesday
  • 22:15

おてんき 23.8℃/10.6℃

 

ブログの更新が滞っております。

 

 

 

気が付けば、

 

新聞のコラム掲載分と、

コンサートの鑑賞記録だけ……

 

 

で、

 

毎日何をしているかといいますと……

 

 

 

 

 

疲れています。

 

 

 

 

 

こんな感じ。

 

 

 

飼い主の気持ちが伝わるのかねぇ〜〜

 

 

 

 

アスパラの収穫は終わったんですが……

 

その後始末に追われ……

 

トマトの収穫が始まり……

 

誘引したり、

下の葉っぱを切ったり、

 

写真を撮る心の余裕もありません。

 

 

大したことをしているわけじゃないんだけどね。

 

 

ま、

アスパラがむっちゃ不作(全国的らしい)だったことも影響しているのかもしれませんが……

 

気分はどんより……

 

(写真はイメージです)

 

 

カラッと晴れないもんでしょうか……

 

 

あ、晴れた☆

 

(写真はイリュージョンです)

 

♪ブリュッセル・フィルハーモニー管弦楽団♪

  • 2017.06.12 Monday
  • 23:59

おてんき 18.7℃/4.2℃

 

 

ベルギーのオーケストラの来日は珍しい。

 

しかも、

指揮者のステファヌ・ドネーヴは、

来日中にセントルイス交響楽団の時期音楽監督就任が発表された。

 

なんか嬉しい……

 

 

ステージの上はベルギーらしい多民族な雰囲気満載。

なるほどテロの温床になってしまいそうなお国柄(?)。

でも、そこから出て来るのはフランスらしい明るいサウンド。

これでS席8,000円はチョー・リーズナブル。

なのに会場の入りは8割弱か?

 

もったいない……

 

ブリュッセル・フィルハーモニックは、けして一流のオケでもないしネームバリューも低いかもしれないけれど、

せっかく北海道まで来てくれているんだし、もっと多くの人に聴いてもらいたかった。

 

 

 

さて……

 

開演前に、ドネーヴがプレトーク。

第二ヴァイオリン首席のハギワラさんを通訳に、ジョークを交えた楽しいおしゃべり。

これで会場の雰囲気が一気に和んだ。

 

 

冒頭は、フランスの若手作曲家コネソン「フラメンシュリフト(炎の言葉)」

現代作品だがベートーヴェンの旋律等を引用した親しみやすいメロディ。

そしてエキセントリックな響き。

こういう作品、大好き!

 

 

2曲目はモナ=飛鳥・オットをソリストに迎えて、ベートーヴェンピアノ協奏曲第5番「皇帝」

モナのピアノは粒のハッキリした明るい音色。

女性らしい力強さも感じる。

一方、音量の幅が狭いせいか、盛り上がって欲しいところで……、来ない。

だから全体的にサラッとした印象になってしまい、ちょっと残念。

むしろオーケストラの方が頑張っている感じがする。

しかし第2楽章はリリカルで良かった。

 

ソリストアンコールはリスト「巡礼の年」より「ヴェネチアとナポリ」カンツォーネ

いきなり激しい曲!

皇帝でも3楽章なんてこんな表現したら面白かったのに……

 

 

後半のプログラムは得意のフランスもの。

 

ドビュッシー交響詩「海」は、この日の白眉。

フランス的な明るいサウンドにアンニュイな雰囲気。

アゴーギグやソロ、表現のひとつひとつが、日本のオケとはやはり違う。

フランス語的な雰囲気?

フランス人から見た異国情緒?

しばし札幌を離れ、フランスの海上に漂ってしまいました。

 

 

そして最後はラヴェル「ボレロ」

なんとも自由なソロ。

統一感はないものの、個々の奏者が自分の表現で同じメロディを演奏してる。

一番自由だったのはソプラノ・サックス。

オーボエ・ダモーレも美しい響きを聴かせてくれました。

トロンボーンの高音も柔らかくて素晴らしい。

エキストラのテナーサックスの日本人女性も、いい演奏していました。

 

 

アンコールは定番の「ファランドール」

これも、フレーズの付け方がちょっと個性的でおもしろかった。

 

 

いいオケが聴けた♪

 

 

 

終演したらなんと9時15分。

プログラムの時間は短いと思っていたのに……

大慌てで札幌駅に走り、10時の特急に飛び乗りました。

 

家に着いたら、気温は6℃。

出掛ける時は18℃だったので、ハウスは開けっ放し。

これまた大急ぎで締めて回りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて……

この後夏から秋にかけてコンサートラッシュ。

来月は札幌交響楽団(指揮:田中裕子)の深川公演。

9月には札幌交響楽団(指揮:バッディストーニ)と、

東京都交響楽団(指揮:大野和士)の札幌公演。

11月にはライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団(指揮:ブロムシュテット)と、ロシア国立交響楽団。

 

昨年、不作でボンビーだったのでガマンした分、爆買いしています。

札幌交響楽団 ほくでんファミリーコンサート

  • 2017.05.30 Tuesday
  • 23:59

おてんき 26.8℃/10.8℃

 

 

この時期に良いコンサートがあっても、

昼夜の気温差が大きくて、ハウスの温度管理がままならないので、

なかなか行くことが出来ないというのが現実なのですが……

 

最近は、夜遅くまで15℃程度をキープしているし、

「なんとかなるだろう」と思い切って札幌まで行って来ました。

 

 

今回のコンサート、指揮をするのは田中裕子さん。

 

ボクと同じ愛知県の出身で、

しかもびんちゃんの大学時代の先輩なのです。

 

その田中さんと、SNSでのやりとりをきっかけに、

今回のコンサートにご招待をいただきました。

 

 

プログラムは、

 

ストラヴィンスキーのバレエ組曲「火の鳥」(1919年版)

ベトーヴェンの交響曲第3番「英雄」

 

 

「火の鳥」冒頭の響きからして、いつもの札響と違う!

 

木管のソロも、よく歌っていて、美しい響き。

「王女のロンド」のテンポが今まで聴いた中ではダントツに速かったのが面白かった。

子守唄のバスーンは歌い過ぎじゃね?

なんとなく、チャキチャキした豪快な「火の鳥」。

 

管が頑張っちゃうと、12型の弦が埋もれちゃったり……

ところどころ、もっとためてくれても良かったかな、とも思ったけど……

それでも、前回に同楽団と聴いた演奏よりも全然良かった。

 

 

 

 

休憩をはさんでベートーヴェンの「英雄」

 

実は……、

ベートーヴェンでよく聴くのは4番,8番,7番,5番……

生で聴いたことがあるのも、5番,7番,それに1番。

特に、3番「英雄」と6番「田園」は、CDは持っていても家では全然聴くことがないんです。

 

でも、やっぱり生で聴くとオモシロイですね。

指揮者も、この曲、好きなんでしょうね。

思い入れが詰まってる感じが、強く伝わって来ました。

 

そして、

意外だったのは、札響のサウンドがキラキラしていたこと、

「火の鳥」よりも「英雄」の方がブリリアントな響きになっていたのはナゼなんだろう?

 

アンコールは、

ハイドンの弦楽四重奏曲「冗談」より 第4楽章。

遊び心いっぱいの楽しい演奏でした。

 

 

終演後、楽屋訪問。

 

プロの演奏会で楽屋に行くのは初めてかも。

 

初めてお会いした田中さんは、チャキチャキの元気いっぱいなお姉さん。

「なるほど。あの演奏はこの人の演奏だ。」と変に納得しちゃいました。(失礼!)

 

実は、ボクも言われたことがあるんですけどね……

「乙中の演奏って、ちいさまそのものだよね」って。

 

音楽は、その人の人柄とか性格とかを、見事に表現しちゃうんでしょうね。

 

彼女の指揮する「英雄」だから、オモシロイと感じたんだろうな……

そういえば、前回の7番でも同じようなことを感じたような……

 

 

 

忙しくて、身体がちょっと悲鳴を上げている今日この頃……

とてもステキな音楽で疲れた身体を癒してくれました。

田中さん、ご招待いただいて、ありがとうございました。

 

 

次回の札響との共演はドボ8ですね。

大好きな曲♪

聴きに行けるかなぁ〜。

 

意外な真犯人

  • 2017.05.28 Sunday
  • 08:00

あめ 21.4℃/11.3℃

 

ある日のことです。

何やら得意げな足取りで寄って来るのは、我が家の愛猫チャイコ君。

よく見ると口に何かをくわえてる。

10cmくらいの茶色いそれは…、ネズミ?  

 

妻は思わず「ギャー」と叫んで逃げる。

「どこで捕まえたの?」とチャイコに聞くと、ニャーニャー言いながら案内してくれました。

よほどネズミを捕まえたのが自慢だったのでしょうね。  

 

育苗ハウスに着くと、チューチューと鳴き声が聞こえる。

そういえば、最近キャベツの苗が毎日のように荒らされている。

これはネズミの仕業だったのか?

 

 

 

でも声は聞こえど姿は見えず。

いったいどこにいるんだろうと探していたら、トマトの苗の陰で子ネズミ発見。

見付けたのはもちろんチャイコ君。  

 

ネコが現れてネズミは逃げる。

チャイコはネコの意地にかけて追いかけ回す。

その間、チャイコはネズミを捕まえるのに必死でトマトの苗をいくつもひっくり返してくれました。

 

も〜、喧嘩ならよそでやってくれ!  

 

ともかく、どうにかネズミ退治に成功したチャイコの得意げなこと。

これにて一件落着とひと安心。  

 

ところが、翌日以降もキャベツの苗の被害は止まらない。

まだネズミが残っているのかと思いきや、そこで見たものは…

 

 

 

おいしそうにキャベツの苗を食べる灰色のネコの姿。  

 

チャイコ、お前だったのか…

 

アスパラパラパラパラピラパラポレ

  • 2017.05.20 Saturday
  • 22:04

おてんき 25.8℃/10.7℃

 

 

暑いです……

 

ここ数日、

ずっと夏日です。

 

外気温が25℃です。

 

ハウスの中は何度でしょう?

 

 

……見ないようにしています。

 

 

私の記憶が間違っていなければ……

 

ここは北海道のはずです。

 

多分……

 

 

 

 

ソレハトモカク……

 

アスパラさん、

パラパラ出て来ました。

 

 

 

いやいや

 

パラパラじゃなくて……

 

ずんどこどっこいと出て来ました。

 

 

毎日、

午前中はアスパラの収穫に忙殺されています。

 

しかも、

トマトの育苗管理と、定植の準備も重なっています。

 

もう、パラピレパラポレです。

 

 

今日、

今季最初のアスパラさんの発送をしました。

 

 

大変長らくお待たせをしてしまって申し訳ないです。

 

穫りたてです。

 

一番芽です。

 

美味しく召し上がっていただければ幸甚です。

 

 

 

我が家でも、

毎日食卓にアスパラさんがいらっしゃいます。

 

さすがに、

ちょっと飽きて来ました。

 

 

贅沢なお話ですね。

 

 

直売所にも、主にハネ品ですが、

アスパラさんが並んでいます。

 

ちゃいこ店長代理が、お待ちしています。

 

 

お近くの方、ぜひお立ち寄り下さい。

 

ついでに、

ネコ好きな方、ちゃいこ店長代理はあごの下をなでてやると喜びます。

 

遠方の方……

通信販売、受け付けております。

よろしかったら、コチラから。

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM