ロシア国立交響楽団 シンフォニック・カペレ

  • 2017.11.10 Friday
  • 23:59

くもり 7.7℃/-0.5℃

 

 

チャイコフスキーの後期3交響曲を一度に演奏するコンサートと聞けば、そりゃ誰でもイロモノたど思うよね。

 

しかも、ウワサでは瀑演系のオーケストラだという。

 

もうぼちぼち仕事も終わっているだろう。

ネタがてらオモシロ半分に買ったチケットは、意外に掘り出し物だった。

 

 

ロシア国立交響楽団と紹介された今回のオーケストラは、

モスクワを拠点とするオーケストラで、

State Symphony Capella of Russia、つまりロシア国立シンフォニー・カペラと訳した方が正しいらしい。

 

指揮はヴァレリー・ポリャンスキー

 

ステージはひな壇を全く使わず、木管・金管・打楽器も全て同じ高さのステージにセッティングしていた。

 

こんなオーケストラは初めてで、どんな音が出て来るのか、開演前から興味津々。

 

 

第1部は、交響曲第4番 ヘ短調 作品36

 

いきなりホルンのファンファーレで始まったことに、分かってはいてもものすごい違和感。

この曲を、何の前触れもなしにコンサートで聴くことなんてまずありはしない。

何か、見てはいけないものを見てしまったような衝撃から抜け出すのに少々時間がかかったが、

いざ落ち着いて聴いてみれば、なんと繊細な演奏をするオケなんだろう!

「誰だ? 瀑演だとか言ったのは!」

むしろ人数の多い室内管弦楽団のような演奏。

 

比較的ゆっくりとしたテンポで、フレーズを長くとって、たっぷりと歌い込んでいる。

2楽章は見事にカンツォーナ。テンポを揺らして叙情的な歌を聴かせてくれた。

3楽章のピツィカートの響きの艶やかなこと!

ロシア的な素朴な響きが、チャイコフスキーの音楽と見事にマッチしている。

終楽章はやや盛り上がりに欠け、こんなに興奮しないチャイ4も珍しいけど、

それはコンサートの始まりだからなのかもしれない。

 

この4番は、いわば序曲のようなものなのだ。

 

 

 

第2部は、交響曲第5番 ホ短調 作品64

 

いきなり音が変わった。

堂々として豪快な演奏。

それにしてもアゴーギグが実に自由すぎる。

テンポを揺らしまくってロシア節炸裂!

しかしそれがけして押し付けがましくなく、むしろ引き込まれていく。

 

ここまで聴いて少し疲れた。

この曲のラストは、作曲者自身が「嫌い」と明言するほど作られた終わり方。

これほど堂々とした演奏をされれば、もうコンサートは終わったようなものなのだが……

 

 

 

第3部は、交響曲第6番 ロ短調 作品74「悲愴」

 

テンポをかなり遅めにとって、じっくりと聴かせてくれた。

冒頭のバスーンのソロが鳥肌ものの素晴らしさ。一気にこの曲の中へ誘ってくれる。

1楽章は劇的なまでの激しさ、もの憂さ、そして安らぎ。

2楽章のワルツは、ゆっくりとしたテンポで憂鬱さを前面に出していた。

3楽章の行進曲もテンポは遅くとり、ドッシリ堂々とした構成。

そして4楽章。

こんなにもネットリとした演奏は、話には聞いていても実演に接することはまずないんじゃないだろうか。

 

 

全体を通して……

ファゴット、ピッコロ、フルート、クラリネット、オーボエ、ホルン……、特に木管のソロが秀逸。

あまりいい楽器を使っているという感じはしなかったが、

それを一生懸命鳴らしているという雰囲気が微笑ましく、

オーケストラの奏者も、手を抜くことなく必死で演奏している姿が好印象。

 

良い意味で、期待を裏切られたコンサートだった。

 

 

 

 

 

さて、

これで秋のコンサート鑑賞ラッシュも一段落。

あとは、JAFやあいぷらんの企画コンサートが2つ。

どちらも札幌交響楽団で、

どちらもチャイコフスキー(悲愴と1812年,ピアノ協奏曲,4番)。

今年はチャイコとともに暮れを迎えることになるわけで……

ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

  • 2017.11.07 Tuesday
  • 23:59

おてんき 15.5℃/1.1℃

 

 

 

ブルックナーはニガテだ。

いや、ニガテと言うよりキライかも。

ハッキリ言ってよく分からない。

内容も、良さも……

 

だから、ずっと敬遠して来た。

 

でも、今回ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団が来道すると聞き、

しかも指揮者がヘルベルト・ブロムシュテットと聞けば、

たとえアンチ・ブルックナーといえども、聴きに行かなきゃ後悔するだろうと思い、

49歳にしてブルックナー・デビューとなってしまいました。

 

 

第1部は、ギリシャ出身のレオニダス・カヴァコスをソリストに迎えて、

メンデルスゾーンの「ヴァイオリン協奏曲」

 

カヴァコスのヴァイオリンは、

冒頭こそ、ちょっと変わった節回しで、ネチッこく歌っていたのだが、

2楽章、3楽章と進むにつれ、その服装と同じようなカジュアルな演奏になっていった。

総じて、ソロよりも伴奏のオーケストラの方が熱く歌い回していたのはどういうことだろう。

まだ来日して最初のコンサートだけに探り合ってるのか?

 

一方、12型の小編成のオケは、ビックリするくらいピュアな美しいサウンド。

特に木管、それもフルートとオーボエの首席の素晴らしいこと!

 

ドイツのオーケストラというと、

スドーーン、ドデーーン、といった重い響きをイメージしていたのだが、

むしろ軽い、きらびやかな、澄んだ響きで、軽やかに演奏していたのが意外だった。

 

 

さて、メインのブルックナー、「交響曲第7番」

オーケストラは16型の大編成。

木管は二管編成だが、ホルン4本にワグナー・チューバも4本。

この中音域のホルン群の響きが、ブルックナーのサウンドを作っているんだな……

なんとなく、モコッとした田舎臭い(失礼!)、洗練されていない(またまた失礼!)音になるのは、この編成のせいなんだ……。

 

ブロムシュテットは、あるインタビューで、

「ボクはマーラーを振りたいのに、なぜか日本人はブルックナーを振らせたがる」

と言っていたのを思い出した。

それでも、スコアこそ譜面台に置いていたが、結局開くことはなく、暗譜で手振りをしていた。

とても90歳とは思えない!

 

協奏曲の時の、ピュアで軽やかなサウンドは、なぜかここでは一変し、

湿り気のある、艶やかなサウンドに変わっていた。

曲のせいなのか、あるいは会場のせいなのか……。

そういえば、ティンパニも何か叩きにくそうにしていたし、

チューバなんて何度もツバ抜きをしていたので、

ひょっとしたら、湿度が高くて音に影響を与えたのかもしれない。

 

演奏は……

もう、「素晴らしい」の一言に尽きる。

ブルックナーが苦手なボクでも、最後まで集中して聴き入り、その世界観にどっぷりと浸かってしまった。

 

オーケストラの姿勢も素晴らしい。

ステージに上がる時も、全員が席に着くまで客席を向いて起立していたりする姿勢は、日本のオケも見習うべきだろう。

 

 

一方、観客の態度は相変わらずイマイチ。

ブルックナーの曲は、ラスト、曲が終わっても、会場の残響が消えるまで拍手はしないというのが暗黙のルールだと聞いたが、

まだ指揮者が手を挙げているにもかかわらずパチパチ・ブラボー!

札幌は、やはり音楽的にはまだまだ二流か?

その上、係員が制止するのも振り切って座席からステージ前まで歩いていって拍手をする男性もいたのには、本当に呆れた。

こういうマナー違反、日本人として恥ずかしいよ……

 

 

つい先日に来た時には紅葉していたkitara周辺も、

イルミネーションが点灯して、すっかりクリスマス・モード。

 

帰路、頭の中にはブル7が何度もリフレインしていた。

 

でも、

やっぱり、

ブルックナーはニガテかも。

札幌交響楽団 第604回定期演奏会 〜エリシュカ最終公演〜

  • 2017.10.28 Saturday
  • 23:59

おてんき 16.2℃/-4.4℃

 

 

当初、このプログラムはベートーヴェンの3番「英雄」がメインだった。

だから、行くつもりもなかったのだが……

 

ラドミル・エリシュカが、高齢と健康上の理由から日本へのフライトにドクターストップを受けてしまい、

このコンサートが日本での最終公演ということになってしまった。

プログラムも、エリシュカのたっての希望で、

札響に初めて客演した時の「シェエラザード」に変更されたわけだ。

 

大好きな「シェエラザード」。

そしてエリシュカの日本最終公演。

これは聴き逃したら一生後悔するだろうと思って慌ててチケットを購入。

席は、1階の6列目の5,6番。

ちょっと前過ぎるし隅っこ過ぎるけど、むしろ指揮台のエリシュカを間近に見ることが出来た。

むしろラッキー☆彡

 

 

これまで、エリシュカの指揮したコンサートは2度聴いている

「スペイン奇想曲」や「ダッタン人の踊り」、チャイコの「悲愴」……

どの曲も、落ち着いたテンポで、しかもスラヴォニックなサウンドを聴かせる演奏だった。

 

今回も、基本的にはそうなのだけれど、やはり何かが違った!

 

1曲目の歌劇「売られた花嫁」序曲(スメタナ作曲)

冒頭の弦の細かい音符の1つ1つから今まで聴いたことのないような緊張感が漂う。

リズム感も生き生きとして躍動感に満ちている。

今までのエリシュカとは、やはり何かが違う。

 

続くドボルザークの「チェコ組曲」では弦の艶やかな音色が印象的。

ゆったりとしたテンポでたっぷりと歌い、東欧の田舎の田園風景の中に誘われた。

「のだめカンタービレ」で一般に知られるようになったこの曲。

それでも、実演に接する機会は稀で、ボクも今回が初めての体験。

こんなにも鄙びた美しい曲だったのかと、改めて気付かされた。

 

 

休憩をはさんで、メインの交響組曲「シェエラザード」(リムスキー=コルサコフ作曲)

ゆったりとしたテンポでたっぷりと歌い込んでいるのはエリシュカさんの持ち味そのまま。

そして、細部までとても密度の濃い表情豊かな演奏。

管がメロディを歌っている裏で弦が波や風を表現するというコルサコフ特有のオーケストレーション。

バイオリンはもちろん、ビオラもグイグイと波を表現して、嵐の大きさは想像以上。

 

そして、秀逸だったのは3楽章でのピツィカート!

クラリネットやファゴットがソロを吹く裏で、弦がピツィカートを打つ場面、

こんなにも熱く豊かなピツィカートを札響が出せるなんて!

 

コンサートマスター田島高宏のバイオリンのソロも素晴らしかった。

うら若き乙女シェラザードの語りを、時に可憐に、時に妖しく、実に表情豊かに歌っていた。

そして、それを飾るハープのアルペジオも良かった。

このソロが今回の演奏に果たした意味はとても大きかっただろう。

 

もちろん、フルートやオーボエ、クラリネット、ファゴット、ホルンなどのソロも素晴らしかった。

何をどう取り出しても、今回の演奏はケチを付ける所がないと言って良いという、極めて稀な演奏だったと言える。

それは、エリシュカとの最後の共演という、緊張感やそれ以上の「想い」が詰まっていたからだろうし、

聴いている我々も、同じような「想い」をもって客席に座っていたからだろう。

 

 

終演とともに、拍手は鳴り止まず、多くの人がスタンディングオベーション。

数えきれないほど、何度も何度もカーテンコールを繰り返し、

その度に「ブラボー!」「ありがとう」という声が飛ぶ。

オケのメンバーがステージをはけてからも、札幌では珍しい一般参賀に出て来てくれたマエストロ。

目に涙を溜め、笑顔で両手を大きく振る姿は、きっとずっと忘れられないと思う。

 

 

 

演奏ももちろん素晴らしかったが、

こうした場にいられたことが、とても幸せだったと感じる。

 

紅葉に彩られた中島公園を地下鉄の駅に向かいながら、

いつまでも、何度も何度も「シェエラザード」のメロディが頭の中で奏でられていた。

 


真夜中のカボチャバイキング

  • 2017.10.26 Thursday
  • 08:00

おてんき 13.1℃/-0.7℃

 

 

深夜、静寂の中に響くピィーという声。

窓から畑の方をのぞくと、そこにはたくさんのホタルが!  

 

いや、違う。あの光っているのは……、

鹿の目!

鹿の大群が畑にいるんだ。  

 

翌朝畑に行ってみると、案の定カボチャが食い荒らされていました。

バターナッツなんてほぼ全滅。

皮が軟らかいので食べやすかったんでしょうね。

一方、皮の硬い雪化粧なども、蹴られたり踏まれたりしてたくさん傷がついていました。

被害はカボチャだけではなく、小豆や枝豆もガツガツやられていました。

 

 

 

今年は山の中に食べるものが少ないようで、鹿だけではなく、アライグマやキツネもよく畑に現れます。

彼らの棲家である山や森から近い我が家の畑は、絶好のエサ場になっているんでしょうね。

夜の畑は、まるで動物たちのバイキング会場のようです。  

 

思い起こせば、今年ほど獣害にあった年はありません。  

 

春先には我が家のネコにキャベツの苗を食われ、

夏にはアライグマやキツネに混じって我が家の愛犬がトウモロコシを食い荒らし、

そして今回の鹿によるカボチャの被害。

 

   

 

「ペットくらいちゃんとしつけろよ」という声も聞こえて来そうですが…。

とりあえず、野生動物に対しては柵でも設置するしかないのかな。  

 

一方で、獣害以上にヒドイのは、直売所に代金を入れないで野菜を持って行くヒト。

こちらの対策の方がやっかいです。

 

さよならサンバー、こんにちはジャンボ。

  • 2017.10.22 Sunday
  • 19:16

くもり 15.7℃/8.8℃

 

美瑛に来て最初の年に我が家に来たサンバー・クラシック。

 

今日、その役目を終えて、旅立つことになってしまいました。

 

 

もう少し乗れるかなぁ〜、と思っていたんだけど、

6月に車検に出した後から、いろいろと不具合が出て来ちゃって……

淋しいけど……、お疲れさまでした。

 

 

 

代わりに来たのは、

 

ダイハツ・ハイゼット・ジャンボです。

 

 

ディーラーに着くと……

おや?

ナンバープレートが、頼んでいたのと違う。

 

取り替えてくれることになったけど、ちょっとテンションダウン。

2週間以上かかるらしい……

 

 

 

 

気を取り直して……

 

最後のツーショット。

 

 

どちらも個性的なルックスだけど、

ずいぶんと雰囲気が違うね。

 

 

最初のドライブは……

ウェスタンでお買い物。

 

そして、お腹が空いたので、

帰り道、神楽岡公園でパンをお供に、プチ・ピクニック。

 

 

明日は吹雪らしい……

 

家に着くなり、納屋に格納しました。

かぼちゃなぅ。

  • 2017.10.21 Saturday
  • 19:22

おてんき 16.7℃/6.4℃

 

すっかり秋まっさかりです。

 

セブンスターの木や、その横の並木も紅葉しているし、

 

 

その近くには満開のヒマワリ畑が。

 

 

晴れ渡った空の向こうには、雪化粧した大雪山がクッキリ。

 

 

そんな秋晴れの空の下……

 

我が家は「雪化粧」かぼちゃの出荷作業に追われています。

 

 

 

 

 

かぼちゃを磨いたり……

 

 

箱を作ったり……

 

 

箱に詰めたり……

 

 

出荷したり……

 

 

 

 

 

ん〜〜〜〜

 

まるでちゃいこが1人でやっているような写真になってしまった。

 

 

 

 

栗きんとんがやって来た

  • 2017.09.20 Wednesday
  • 21:49

おてんきあめ 23.8℃/10.8℃

 

 

気の風物詩と言えば……

 

やっぱり栗きんとん

 

サンマじゃないよ、栗きんとん

 

松茸よりも、栗きんとん

 

何はなくとも、栗きんとん

 

 

 

てんというわけで、栗きんとんが我が家にやって来ました。

 

 

毎年、この時期になると中津川の栗きんとんを送ってくれるお友達がいるのです。

 

なんて良い友だちをもったんだろう!

 

 

しかも、

 

今年は川上屋すやのダブルパンチ。

 

なんと北海道にいて食べ比べが出来てしまうという贅沢さ。

 

 

秋を感じたある日の夕べでありました。

 

メロンは甘くない

  • 2017.09.19 Tuesday
  • 07:00

あめ 22.9℃/12.5℃

 

トマトやアスパラなどをメインに作っている我が家ですが、他にも色々な野菜を作っているんですよ。  

 

家庭菜園用の小さなハウスの中には、ところ狭しと多彩な野菜が仲良く同居しています。

キュウリ、パプリカ、ナス、オクラ、枝豆…。  

 

そして一番力を入れているのはメロン!

 

 

 

ところが、よほど相性が悪いのか毎年のようにトラブルに見舞われるのです。  

 

ある年はスズメバチの大群が実を食い破って巣を作ってしまったり、

またある年はアブラムシが大量発生して真っ黒けになってしまったり。

昨年なんて、一念発起してたくさんの苗を植え、あわよくば市場に出荷しようと張り切っていたのに、

いよいよ収穫という時になって颱風による浸水でほぼ壊滅。

ホント、心が折れそうになりました。  

 

ところが、昨年の災害に懲りて数を減らした今年は、なぜかたくさん穫れるんです。

しかもデカイ! 

そして甘い!  

 

 

 

我が家の食卓には、毎日のようにメロンが載っています。

ちょっとリッチな気分。なんて幸せなんだろう。  

 

さて、どうしてこんなに上手く出来たのか?  

 

それがサッパリ分からない。

あえて言えば、ボクは水管理以外ほとんど手を出さず、妻が1人で手入れしていたことくらい。

それにしても、特に変わったことなんてしていないのに…。

 

 

 

理由が分からないから、来年もまた上手くいくとは限らない。  

 

甘いメロンを作る道は、なかなか甘くないようです。

東京都交響楽団 札幌特別公演

  • 2017.09.18 Monday
  • 23:59

あめ 22.0℃/10.3℃

 

 

日本で一番上手いオーケストラはどこだ?

 

そういう話題になった時、サイトウキネンのような非常設のオケは別として、

名前が挙がるのはN響か、読売日響か、あるいは東京都響といったところだろう。

 

その東京都交響楽団が、音楽監督の大野和士に率いられて札幌でコンサートを開いてくれる!

と聞けば、これは行かずばなるまい。

 

 

 

ところが、台風の日本上陸とドンピシャに重なり、しかも北海道直撃。

ちょうど演奏時間の札幌の予報は、降水量17mmに14mの暴風。

帰路の道央道も、雨こそ3m程度だが、風速は15mの予想。

 

どうする……

 

これが札響のコンサートなら、またの機会もあるさとあきらめただろうけど……

 

やっぱ、行くっきゃないよね。

 

 

予約していたJRは、止まる確立が高いのでキャンセル。

デリカを走らせて道央道を暴走。(ウソ。風も強いのでかなり安全運転)

 

 

 

で……

 

着きました、kitaraに。

 

着いた時には、意外と雨も風も穏やかでした。

念には念を入れて、長靴や着替えの服も持って来たけど、全部用ナシ。

 

でも、到着前まではけっこうな暴風雨だったようで、長靴にレインコートという方も多かったです。

 


 

コンサートは、ワーグナーの歌劇「ローエングリン」第3幕への前奏曲でスタート。

 

初めて聴く都響の音は、

艶やかな弦、

きらびやかな管、

迫力のある打、

それらが見事に調和されて、素晴らしい音楽を奏でていました。

 

「地方のどさ回りの演奏会にそんな期待しても…」

という某サイトでの発言も散見されたけど、

これがそんな手抜きで旅行気分な演奏だとは思えない。

 

 

 

シベリウスの「ヴァイオリン協奏曲」のソリストは、韓国の若手、パク・ヘユン

 

今回座った席が1階8列目の23番。

1階中央通路のすぐ前で、ちょうどソリストが立つヴァイオリンと同じ高さの同じ位置。

ホントに特等席。

パクのヴァイオリンは、とても清らかな音色で、繊細な表情を見せてくれたけど、

イマイチ足りないと感じたのは熱っぽさ。

韓国人とは思えない淡白な演奏で、サラッとさりげない演奏に終始した感じがした。

第2楽章なんてもって切なく歌ってもいいだろうし、第3楽章ではもっと暴れてもいいだろうに……。

むしろ、第2楽章等での木管のソロの方が際立って印象に残ってしまった。

 

ソリストアンコールは、エルガーの「性格的練習曲集」op24よりNo5ホ長調だった。

 

 

後半は、サンサーンスの「交響曲第3番 オルガン付」

 

kitaraはとても良いオルガンを持っているのに、

なかなかちゃんと聴く機会がなくて残念に思っていたのだが、

これは絶好のチャンス。

オルガンソロは室住素子

 

前半の演奏とは違うオケなのかと思うほど出て来る音が違う。

ドイツ、フィンランド、フランスという異なった国の曲を、

それぞれの曲に合ったサウンドで聴かせる力を持っているということなのだろう。

指揮者の大野和士は、つい先頃までフランスのリヨン歌劇場にいたということもあるのかどうか、

フランス色の濃いエレガントなサウンドで、

ただでさえ色彩感豊かなこの曲が、いっそう華やかな衣装をまとって見えた。

 

第1楽章の後半(第2部)での切ない歌にも引き込まれたが、

終楽章(第2楽章 第4部)の盛り上がりには何度も鳥肌が立ち、

夏以降たまった身体の疲れがすぅ〜ってと抜けて行くような感じさえした。

オルガンの演奏も素晴らしく、オーケストラに寄り添い、また時にはオケを圧倒する迫力で力強く響かせていた。

こんな名演、そう何度も触れることが出来るものではないと思う。

 

 

 

 

アンコールはドボルザークの「スラブ舞曲第1番」。

うるさくなりがちなこの曲が、土臭さをほどよく抜いた楽しげな村の若者たちの踊りといった、さわやかな風景に感じられる好演だった。

 

 

荒天を侵して札幌までの強行ドライブ。

かなり迷ったけど、行って良かった。

 

ただ……

「オルガン付」で抜けた身体の疲れは、帰りの運転で元に戻ってしまったが……

バッティストーニ&札幌交響楽団

  • 2017.09.15 Friday
  • 23:59

くもり 19.1℃/11.8℃

 

 

今、ノリに乗っているバッティストーニが初めて北海道に上陸!

 

来年の、札幌文化芸術劇場のこけら落とし公演で、歌劇「アイーダ」を振ることが決まって、今回はそのプレ公演。

 

札幌交響楽団とオール・イタリア・プログラム♪

 

 

 

第1部はイタリアオペラの序曲と歌曲を中心としたプログラム。

 

ヴェルディ作曲、歌劇「ナブッコ」序曲

 

プッチーニ作曲

歌劇「ジャンニ・スキッキ」より わたしのお父さん

歌劇「修道女アンジェリカ」より 母もなしに

「交響的前奏曲」

歌劇「トスカ」より 歌に生き、恋に生き

歌劇「蝶々夫人」より ある晴れた日に

 

ヴェルディ作曲、歌劇「運命の力」序曲

 

ソプラノは、「アイーダ」でタイトルロールを歌うことが決まっている木下美穂子

感情豊か、かつ実に伸びやかな歌声で、来秋の「アイーダ」が楽しみになって来た。

また、序曲もイタリア人らしい歌心と、若々しいラテンのノリで活気あふれる演奏。

 

札響は、これまでも若い指揮者の時に、手を抜いた演奏がしばしば見られたが、今回はそんなこともなく、

またソロ陣も個々の見せ場で美しく歌っていた。

気になったのは「ナブッコ」のトランペット・ソロを吹いた若い女の子。

新しい副首席さんだそうだが、音色はキレイなのだか、

なんとなく上手い高校の吹奏楽部のようなソロで、プロらしい堂々とした感じはまだまだ?

期待を込めて(!)もっと自分を前に出した演奏が聴きたいです。

 

 

 

第2部はレスピーギの交響詩「ローマの松」

札響のサウンドは、北欧風な澄んだ音色が特徴だと思うのだが、

そこへイタリアのラテン風な指揮者と曲。

なんかミスマッチな、微妙な温度差を感じつつ、ちょっと遠い所からながめた松の風景。

これはこれで、なかなか新しい雰囲気。

ボルゲーゼ荘、カタコンベ、ジャニコロ……、といい感じで浸っていたのだが、

アッピア街道で吹っ飛んだ!

 

バンダのブッキーナ(今回はトランペットとトロンボーンを使用)が席の真後ろにいる!!

 

この曲でバンダを客席に持ってくる演出はちょくちょく見られるようだが、

これは座った席(今回は2階最前列)によってはかなりヤバイ。

今回はその最悪なケースで、すぐ後ろにトロンボーンがいて、

これがフォルテシモで吹いた暁には、ステージ上の音なんてまったく聞こえない。

もう台無し……

 

この演出、某評論家も言っていたけど、満足しているのは指揮者だけじゃないだろうか。

1階席に座っていればともかく、他の席は客席のことももう少し考えて欲しい。

 

 

 

アンコールは「カバレリア・ルスティカーナ」かな、と勝手に予想していたのだが、

大ハズレの「ウィリアム・テル」序曲からスイス軍の行進。

最後まで派手派手な演奏会でした。

 

 

 

 

さて、3日後にはまたkitaraで東京都交響楽団のコンサートがあるのだが……

台風ヤバイ。

行けるんだろうか……

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM