札響名曲シリーズ 喝采とチャイコフスキー

  • 2019.04.20 Saturday
  • 22:49

おてんき 9.8℃/-4.8℃

 

 

今日の札響対向配置

 

この並び方、実はあまり好きではない。

 

 

舞台下手(つまり向かって左側)にいるコントラバス、第1バイオリン、チェロはガンガン響いて来るのだが、

同じく上手(つまり右側)にいるビオラと第2バイオリンは楽器の面が後ろを向いているので、客席にはあまり響いて来ない。

 

バランスもとりにくいんじゃないだろうか?

だから、ストコフスキーも並び方を刷新したんじゃないのだろうか?

 

それが、最近はまたこの対向配置が広がって来ているようで……

それはそれで別にいいんだけど、自分としてはニガテな並び方なのです。

 

 

さて、久し振りに訪れたkitaraは、すっかり春模様。

 

10型の小編成で演奏したモーツァルト「交響曲第32番 ト長調 K.318」は、意外とこの対向配置が生きていた。

明るくすっきりとしたサウンド。

抑え気味の管楽器も上品な感じで良かった。

 

続いてはベートーヴェン「ピアノ協奏曲第3番 ハ短調 作品37」

ピアノソロは、昨年の浜松国際ピアノコンクールの覇者ジャン・チャクムル

チャクムルのピアノは明るい音色と自由奔放な表現がステキだった。

若々しく元気なベートーヴェンは、聴いていて爽やかな気分になれる。

この音色、使ったピアノがKAWAI製(Shigeru Kawai)のせいかもしれない。

なお、カデンツァはチャクムルによるオリジナルだとか……

馴染みの薄い曲だけど、とても楽しめた。

 

驚いたのはアンコール。

ファジル・サイ「ブラック・アース」は、

弦を指で押さえて響きを止めるという特殊奏法も使った現代的な曲ながら実に美しく、時にまたカワイイ。

今日の全体的に古典的なプログラムの中で、この曲をアンコールで演奏してくれたのは嬉しかった。

 

 

休憩をはさんで、チャイコフスキー「交響曲第5番 ホ短調 作品64」

終楽章は良かった。

トゥッティもバランスよく鳴っていたし、ラストの盛り上がりも素晴らしかった。

 

しかし、第1楽章でのバランスの悪さは何なんだろう?

 

また、第2楽章の聴かせどころであるホルンのソロは実にお粗末。

まるで上手い中高生が吹いているような味気ない演奏。

それを受け継ぐダブルリードが良いだけに、余計に残念感が強調されてしまった。

 

更に、フォルティッシモになるとバリバリ割れるバストロ。

こんな時代遅れな音を出しているようでは……

 

高関健の指揮はコンパクトで見やすい印象。

しかし、裏を返せば平明でインパクトのない演奏になってしまっていた。

 

いや……

この「名曲シリーズ」はリハーサルの時間が少ないという話も聞くし、

そのせいか演奏のクウォリティも概して高くないことが多い。

……ような気がするのは自分だけだろうか?

 

平成最後の怒濤の定植鉢上げラッシュ

  • 2019.04.19 Friday
  • 19:16

あめ 8.2℃/3.7℃

 

 

前回のトマトの定植が終わったのが12日

 

ホッと一息つきたいところだったんだけど、

すぐに次のトマトの苗が来てしまうので、慌ててポットに土詰め。

 

16日(月)には、今年初めて挑戦する桃太郎ワンダーという品種の苗の鉢上げ。

 

 

ところが、この段階で育苗ハウスは満員御礼のパンパン状態。

休む暇もなく、大きくなった苗を定植開始。

 

17日(火)には、まずは2本立ての小たちの定植。

 

 

この日の最高気温は20.7℃

今年最初の夏日を観測。

暑い中、せっせと植えています。

 

 

2人だけの作業では、1日でハウス半分が限度。

18日(水)には、残りの苗も定植しました。

 

 

この日も暑い暑い。

前日よりもさらに記録を更新して、最高気温は22.6℃

結局、夕方までかかって定植完了。

 

 

さて、育苗ハウスが少し過疎化したところで……

 

保温するためのシートを更新。

就農した10年前に購入したミラコンシート。

経年劣化でボロボロになってきたので、新しいシートを購入しました。

 

 

右側の白いのがそれで、ホカホカサンシートといいます。

似たようなものだけど、中身がちょっと違うらしい。

何より、白さがまぶしいですね。

 

 

さて、そして今日。

平成最後の鉢上げはいつもの桃太郎なつみです。

 

 

疲れは溜まりまくってるけど、

これで終わりだと思えば、作業も速まる。

 

 

昼までには完了し、午後は休業。

怒濤の一週間がようやく終わりました。

 

るぅせるも、新しいハウスがお気に召したようで、

元気に走り回っています。

 

 

ちゃいこは……

いつもの場所でお留守番。

 

 

なお、らふまは人目につかないところで遊んでいるようで……

時々、動かなくなったチューを玄関前に置くことで、その存在を誇示しているようです。(グロいので写真はなし)

ニャンコとワンコとトマトの定植

  • 2019.04.12 Friday
  • 23:59

おてんき 10.7℃/-4.6℃

 

 

トマトの定植、終わりましたぁ〜。

 

一輪車に30ヶくらい乗っけて定植するハウスまで運ぶんだけど……

 

 

ちゃいこ君、元気に手伝ってくれました。

 

 

昨日から2日間かけて植え替えたトマトたち。

 

 

夜の間は、寒さ対策のためにビニールを1枚余分にかけています。

それを剥ぐのが毎朝の日課に。

 

日の出とともにやるんだけど……

 

こちらはお手伝いはるぅせるさん。

 

 

我が家のワンニャンズは働き者です。

もうすぐ定植

  • 2019.04.08 Monday
  • 21:45

おてんき 9.5℃/-1.0℃

 

 

今、育苗ハウスの中には、数種類のトマトの苗がいます。

 

こちら、今週末に定植予定の桃太郎なつみさん。

ごくごく普通に育てている子です。

 

 

お次は、

同じ時期の同じ品種だけど、芯を止めて脇芽を2本伸ばして育てている子。

 

 

そして、同じ時期のCF桃太郎ファイトさん。

こちらも2本立てにしています。

でも、なつみに比べると、ちょっと脇芽の勢いがないかも。

 

 

あとは、一週間遅れの桃太郎なつみさん。

来週定植予定です。

1本立てと2本立て、2つの方法で栽培しています。

 

 

毎日水やりは欠かせないし、

その裏では定植ハウスの準備も佳境に入っていて、

なんやかんやと忙しいこの時期。

 

来週は定植と同時に、新しい苗の鉢上げもあってテンテコマイ。

おまけに町長・町議会議員の選挙もあるんだけど……

今回は、お手伝いは無理かなぁ〜。

 

いやいや、まずは定植。

『劉邦』(宮城谷昌光・作)

  • 2019.03.26 Tuesday
  • 21:44

あめ 7.0℃/-4.2℃

 

 

宮城谷さんの小説は、悪くいえば頭デッカチというか、とにかく序章が長い。

 

この物語も、劉邦が亭長をしていた頃の話が詳しく描かれ、

その後、沼沢に潜んでいた時代のことも細かく描かれ、

通常メインとなるであろう楚漢戦争のことは、最後の最後に急ピッチで語られている。

 

とにかく、主人公である劉邦にスポットが当てられていて、周りの人物のことには軽く触れるだけ。

だから、張良樊噲盧綰夏侯嬰については多少触れられているものの、

本来大活躍する韓信も、背水の陣こそ少し触れられているが、

他の合戦シーンや、その人柄についてもほとんど触れられていない。

 

驚いたことに、項羽についてですら……

 

それでもおもしろく読み進められたのは、歴史として、あるいは物語としての知識があったからで、

もし、司馬遼太郎の「項羽と劉邦」や、たとえ横山光輝のマンガでも読んでいればともかく、

まったくの素でこの小説を読んだとしたら、どこまで物語を理解できるだろう?

 

 

ふすま

  • 2019.03.20 Wednesday
  • 18:53

おてんき 9.6℃/-4.2℃

 

 

初めての試みになるのですが……

 

ふすま をハウスに投入してみました。

 

 

最近はあまり見なくなりましたが、昔の家の和室には必ずありましたね。

間仕切りするにも見た目が美しいし、

部屋を広く使いたい時は取り外すことも出来て便利ですよね。

これをハウスに使えば、1つのハウスでいくつものスペースが出来て……

 

……って、違ぁーーーーう!

 

それは「襖」だ。

 

今日使ったのはコレ。

 

 

ふすまとは、小麦の外皮部分で「ブラン」とも呼ばれ、白い小麦粉を作る際に取りのぞかれるものなのです。

しかし小麦ふすまには豊富な食物繊維と栄養が含まれているのです。

鉄分・カルシウム・マグネシウム・亜鉛・銅など……

しかも、通常の小麦粉のみに比べて低糖質・低カロリーなことから健康食材として注目されているのです。

(Weblio、TOMIZ より)

 

で、なぜこんなものを土に入れるのかというと……

 

褐色根腐病に効くんだそうです。

 

うちのハウスでもちょくちょく出るようになった病気で、

根っこがコルク化して、根の量が減少するので、

水分や肥料分を十分に吸収することが出来ず、

涼しい時期に木が萎れたり、結果的に収量が減少したりするのです。

 

有効な対策がなかったのですが、ふすまを土に混和することで病原菌をやっつけることが出来るとか……

 

ほんとに効くのかなぁ〜、と半信半疑なのですが、

とにかくやってみようということで、

今回はハウス2棟(10a)に対して280kg、投入してみました。

 

 

撒いてみたら、けっこうな量でした。

普通の肥料なら、20kgを撒くのに肥料バケツ2回で行けるところを、

とても軽い素材のために、5回はかかりました。

 

 

他の肥料は、来月初めに入れるので、

ロータリーをかけて、1週間ほど放置です。

 

 

こんなんで病気が減れば万々歳です。

 

効いたかどうかは、2ヶ月ほど先にならないと分かりません。

 

がんばれ、ふすま

鉢上げの日には雪が降るのだ

  • 2019.03.16 Saturday
  • 17:04

ゆき 2.5℃/-6.1℃

 

 

今季初めての鉢上げ

 

また、雪が降った。

 

どよぉ〜〜んとしたお天気。

午前8時でもこの暗さ。

 

 

ともかく、育苗センターに苗を受け取りに行きました。

 

この車で、全部乗せられるんだろうか?

 

 

6箱、なんとか乗りました。

良かった良かった。

 

 

その足で美瑛神社へ。

今年は厄払いにも行ってないので、よぉ〜〜くお願いして来ました。

 

 

今日はCF桃太郎ファイト桃太郎なつみ

 

ファイトの方が2日分くらい大きい感じ。

発芽の時期が違ったんだろうか……

 

 

だらだらとやったせいで、いつもより時間はかかったけど、

昼過ぎには、1817のかわいい稚苗がハウスの中にそろいました。

 

 

美味しいトマトがたくさん穫れますように……

♪札幌交響楽団 第617回定期演奏会♪

  • 2019.03.15 Friday
  • 23:59

くもり 3.6℃/-6.6℃

 

 

札響のコンサートは、いい席はほとんど定期会員が取ってしまっているので、

単発で行こうとしても、僻地しか取れなかったりする。

だから、名曲シリーズは通し券を取っておいて、定期にはほとんど足を運ばないようになってしまったのだが……

 

でも、今回はショスタコーヴィチ「ヴァイオリン協奏曲第1番」をやるというので、席のことは目をつむって行って来た。

 

 

指揮者のクシシュトフ・ウルバンスキは知っていた。

若手のホープじゃん!

よく札響なんかに(失礼!)客演に来たな、って感じだった。

 

一方、ソリストのアレクサンドラ・スムについては全然知らなかった。

若い女の子(といっても30歳)だし、溌剌とした演奏になれば、くらいで期待はしていなかった。

 

ところが!

期待を裏切られるというか、こんなにいい奏者だとは!

 

特に、第3楽章のカデンツァは、その緊迫感といい、推進力といい、

暗闇から必死で抜け出そうとする力強さが感じられて素晴らしかった。

カデンツァが終わって第4楽章に入ったところで、右腕を大きくふるっていたのは、

力が入り過ぎて疲れちゃった?

そのくらい、渾身の演奏だった。

 

おもわず、ロビーでCDを購入。

ちゃっかりサインもいただいて来ました。

 

なお、アンコールの前には日本語でメッセージ。

慈善活動にも積極的なスムらしい内容だった。

 

 

一方、期待を裏切られたのはウルバンスキも。

長身でモデルのような体型のウルバンスキの指揮は、

なぜか落ち着きのないヒョロヒョロした動き。

打点もハッキリせず、足を常に動かしてウロチョロ。

おまけに首もクネクネと振っていて、「オネェかよ」って突っ込みたくなるような……

 

あの指揮から、よくあんなにメリハリの効いた音が出て来るなぁ、と感心してしまった。

 

しかし、演奏の内容はというと……

 

ペンデレツキ「広島の犠牲に寄せる哀歌」では、

トーンクラスターの混沌とした響きばかりが耳について、音楽的な説得力は全然伝わって来なかった。

オーケストラが、この曲を理解しているのかどうか……

指揮車も十分に伝えられていなかったのではないか。

 

また、ストラヴィンスキー「春の祭典」も、イマイチ。

というか、今まで何度も聴いている曲だが、今回が最低かも。

冒頭のバスーンのソロや、ホルンの咆哮でのミスはご愛嬌だとしても、

こちらも強烈なリズムや不協和音が鳴っているだけで、どうしたいのか、何を言いたいのかが伝わって来ない。

 

世界の一流オーケストラを振る機会の多い指揮者だけに、日本の地方オケだからとなめてかかったのか?

 

 

 

さて、今回のコンサートは、「オーケストラの日」の参加事業ということらしい。

ハッシュタグをつけてSNSに投稿するとプレゼントがもらえるというので……

 

いただきました。

ありがとうございました。

水のトラブルなし?

  • 2019.03.12 Tuesday
  • 17:58

くもり 1.1℃/-2.3℃

 

 

毎年のように水のトラブルに見舞われる我が家……

 

確か、昨年はヒートパイプからの水漏れ、

それ以前にも、エアが噛んだとかで井戸から水が上がらなくなっちゃったり、

その次の年だったかには、井戸のポンプ自体が壊れたり……

 

なんせか、いろいろとトラウマになっているのですが、

今年はスムーズに進んでいまして……

 

今日、井戸を開栓して水を出し、温水ボイラを稼働させました。

 

 

ホースが凍ることもなく、アッという間にボイラは満タン。

 

 

ヒートパイプは、接続の締め方が緩かったようで、ちょっと水漏れしましたが、すぐに解決。

 

 

 

あんまり順調に進んだので、

2回目のトマト鉢上げ分の土詰め(1080ヶ)も終わっちゃいました。

 

これで、土曜日の鉢上げまではのんびり出来る。

土を詰める。

  • 2019.03.10 Sunday
  • 21:09

おてんき 4.6℃/-2.3℃

 

 

トマトの鉢上げまであと一週間。

 

夏休み最後の、新学期前の小学生のような心境。

もうちょっと、ぐたぐたしていたいのに……

 

 

一昨日、注文していた育苗土が届いたのでハウスの中に搬入。

業者さんと3人で、100袋をエッチラオッチラ運びました。

 

 

そして今日、

その土を育苗ポットの中に詰める作業。

 

 

ちゃいこさん、手伝ってはくれませんでしたが……

秘密道具(スピードポッター)の紹介だけはしてくれています。

こんな道具を使うと、一度に60鉢に詰めることが出来ます。

 

今日詰めたのは1860鉢。

 

1つ1つなんて、やってられる数じゃありませんね。

 

 

準備は、ちゃくちゃくと進んでいます。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM