ネコが甘えて困ります

  • 2018.01.21 Sunday
  • 20:55

ゆき -5.6℃/-7.3℃

 

 

久し振りに、1日中家でゴロゴロしていたら……

 

ネコが、胸の上に乗って来まして、

 

小1時間、動きませんでした。

 

 

乗って来たのはらふまさん。

 

ただ今、5.5kg。

重いです!

 

 

そういえば……

以前はそれほどではなかったんだけど、

最近、ネコがやたらと甘えて来ます。

 

ネコたちも、ぷろこがいなくなって淋しいのかな、不安なのかな、

って思ったりてしたんだけど…………

 

 

 

ネコって、

飼い主が落ち込んでいたりしても、

オモチャを持って来て「遊んで」って言ったりしませんか?

 

 

「こんな気分の時に、なんてヤツだ! 主人の気持ちが分からんのか!」

なんて腹が立ったりする、なんて話も聞いたりするけど……

 

実は、むしろ逆なんだそうで、

「ボクと遊んでいた時は楽しそうだったでしょ。だから、一緒に遊んで元気出して。」

って言ってるそうなんです。

 

意外と、飼い主のことを思ってくれてるみたい。

 

 

 

だから、

ひょっとしたら、自分が甘えたいんじゃなくて、

淋しがってるボクたちを慰めてくれているのかもしれない……

……なんて思ったりして。

 

でも、やっぱりこの子たちも淋しいよね。

うちのワンニャン、3匹とても仲良しだったから……

 

 

ゴメンナサイ、

まだ、けっこう引きずってます。

ピアノ教室の発表会

  • 2018.01.20 Saturday
  • 18:45

おてんき -0.5℃/-14.1℃

 

 

近所のチビッコに「教えて」と言われて始めたピアノ教室も、

気が付けば10年を超える長期政権に!

今日の発表会は、記念すべき第10回というメモリアル。

 

会場は、3回目から使っている旭川市神楽公民館内の「木楽輪(きらりん)」というホール。

 

 

開館時間よりもちょっと遅れて会場に入ったら、

なぜかピアノを調律している人と撮影の準備をしている人たちが!

 

どうやら午後から会場を使うピアノ教室の人が頼んだようで、

朝からその準備をしているらしい。

 

でも、使う人がいないのならともかく、うちは発表会当日なわけで……

立ち退きを要求しても、

撮影隊は「うちは頼まれただけだから」「会館の係が間違えてるんじゃないか」とうだうだ言って動かない。

結局、30分遅れでリハーサルを始めて、なんとか昼までに発表会も終わったけれど……

 

頼んだピアノ教室の人も不在な上に、会館の職員もいないというお粗末さ。

警備員の人が対応してくれたけど、事情も分からずオロオロ。

おまけに撮影隊の態度の横柄なこと!

 

 

こんな状況でも、文句1つ言わずにサポートして下さった生徒の保護者の皆さんに、ホント感謝です。

 

なお、午後からのピアノ教室の方の勘違い(?)だったようで、

終演後、平謝りに謝られましたが……

ま、ままあることなんだろうけど、ちょっとマイッタマイッタ。

 

 

 

演奏は……

小学校高学年から中学生が多いせいもあって、プログラムも多彩。

演奏も、パワフルで、それぞれが個性的な演奏を聴かせてくれて楽しかったです。

ドビュッシーの「月の光」や、ショパンのエチュード「別れの曲」、リストの「愛の夢」……

そんな名曲が奏でられるなんて!

なんかスゴイ。

 

 

 

終演後は、リヴィエールというフレンチ・レストランでちょっと遅いランチ。

 

記念日によく利用させていただいているレストランなんだけど、

今年の結婚記念日は、ぷろこのことがあって食事どころではなかったので……

 

そういえば、昨年の発表会の後もランチしに来たかも。

 

 

 

美味しい料理で、イヤなことも忘れて、あすからまた頑張ろう♪ (何を頑張るんだろう?)

On est le combien ? 〜Français , Sixième fois〜

  • 2018.01.19 Friday
  • 19:14

おてんき -0.9℃/-6.8℃

 

 

あの日以来のフランス語講座でした。

 

どうしても、あの日のことを思い出してしまいます。

 

ま、

それは、

仕方がないことだよね。

 

 

今日は、初めにカレンダーの話をしました。

 

On est le combien ?  今日は何日ですか?

 

読み方は、「オネル コンビアン」って感じです。

最初の3つの単語を1つにつなげて発音するんですね。

 

答えは……

On est le 19 janvier 2018.  2018年1月19日です。

 

あえてカタカナで読み方を書けば、

「オネル ジィスヌフ ジャンビエ ドゥミルジィスジュイット」

みたいな感じ? (長い…)

 

 

あと、曜日……

 

On est quel jour ?   何曜日ですか?

「オネケルジュ」みたいな……

 

On est vendredi.  金曜日です。

「オニ ヴォンドゥルズィ」みたいな……

 

なんか、カタカナで書くと、変な感じです。

 

 

 

ついでなので、各曜日も書いときますと……

 

月曜日  lundi

火曜日 mardi

水曜日 mercredi

木曜日 jeudi

金曜日 vendredi

土曜日 samedi

日曜日 dimanche

 

diいうのが、曜日(日)なのでしょうね。

月火水木金土は最後に di が来るのに、

日曜日だけは頭に付くのがオモシロイ。

きっと、日曜日は特別な日なのでしょう。

 

 

 

その後、フランスの食生活について、

le pain(パン)の種類とか、買い方とか、食べ方とか……

 

外食するお店の違いについて

 

un restaurant  レストラン

une brasserie  ブラッスリー

un bistro  ビストロ

 

日本で言うところの、「レストラン」とか「ビストロ」とは随分と雰囲気が違うらしい。

オモシロイお話だったんだけど、うまくまとめられないので、またいずれ……

 

 

あ、

le steak tartar  食べてみたい……

 

ついつい試乗しちゃった

  • 2018.01.18 Thursday
  • 18:49

くもり -4.8℃/-17.5℃

 

 

農協とか、道の駅とかに行って家に帰ったら……

 

先日見に行ったフォルクス・ワーゲンのセールスさんがいらっしゃって、

 

「近くに来たから……、良かったら試乗してみませんか?」って。

 

 

ついつい、その言葉に吸い寄せられて、丘の上をドライブして来ちゃいました。

 

 

おぉ〜、なかなかインスタ映えするじゃん。

 

白い雪に、赤い車って、いいよなぁ〜。

 

 

乗り心地も良かったし、欲しいんだけどね……

 

値段もいいしね……

 

なかなか……

いろいろ始まって来た

  • 2018.01.17 Wednesday
  • 21:36

おてんき -0.2℃/-10.2℃

 

 

まだまだ雪深く寒い(というか極寒)毎日ですが、

春に向けて、いいろいろと動き出しています。

 

今日は、基礎調書とか、医療費の申請とか、免税軽油の申請とか……

 

あと、ちょいと畑(地目は田)の面積が増えるので、

農業経営基盤強化準備金制度の手続きとか……

 

ともかく、いろいろとお役所絡みのお仕事をするために、

町役場や農協や農業振興機構などを回って来たのでありました。

 

 

帰り道で通ったマイルドセブンの丘の前の道は、

写真家さんでいっぱいで……

まぁ〜、観光地なので仕方がないのかもしれないけれど、

雪道でただでさえ滑りやすく走りにくいのに、

路上駐車したり、道路で撮影したり、三脚を立てたりするのは、マジでやめて欲しい。

危ないよ……

始まる…

  • 2018.01.16 Tuesday
  • 21:16

ゆき 0.6℃/-3.1℃

 

 

 

 

美瑛とまと生産者部会定期総会

 

これに出ると、

いよいよ始まるな……、と思ったりするわけです。

 

苗の引き渡しの確認を見たり……

 

同じトマト農家の方々と、「あぁ〜だこぉ〜だ」と話していると、

どうしても、意識はそちらの方向へ行ってしまう。

 

もう少し、のんびりモードでいたいのに……

昨日のコンサートの裏話

  • 2018.01.15 Monday
  • 21:40

ゆき 1.6℃/-6.9℃

 

 

昨日、kitaraを訪れたのはほぼ25日ぶり。

前回は、ぷろこも一緒だった。

 

翌朝、江別の酪農学園大学動物病院で診察の予定だったので、

体調も割と良かったし、一緒に札幌まで行って、ホテルで泊まって、そのまま江別へ、というコース。

 

ちょっと早く着いたので、

ぷろこと一緒に中島公園を散歩して、kitaraの前で写真を撮って……

 

 

まさか、それから20日も経たないうちに旅立ってしまうとは思いだにしなかった。

 

あの頃は、偏食はあったものの、まだ食欲は旺盛で、雪の上でガツガツ食べていた。

 

 

待ちきれなくて、準備している時からそわそわしていたのに……

 

 

昨日、地下鉄の中島公園駅を降りて、会場に向かう時、

「あぁ〜、ここを散歩したよね」

なんて言いながら公園の中を歩いたり、

「駐車場で元気にご飯を食べていたのにね」

なんて言いながら、ホテルの方へ寄り道したり……

 

そんなことをしていたら……

足にまとわりついて来たんだよね。

 

 

先日、SNSのワンコ友だちの方から、

ぷろちゃんがお話ししに来たよ」って言われた。

実は、彼女は亡くなった人と話が出来るんだそうです。

今回は、相手がイヌだから、話といってもどんな感じなのかちょっと想像できないけど……

「バカバカしいと言われるからあまり言わない」と言っていたけど、

ボクの場合、それはけしてバカバカしいとは思えない。

 

だって、ボクの場合は、見えたり、感じたりすることがあるから。

 

ただ、

いつでも、どこでも、誰にでも、というわけにはいかず、

なんとなく……、突然見えたり感じたりするんだよね。

 

 

ぷろこに関しては、あれから毎日のように感じてるんだけど、

中島公園から、会場のkitaraまで、ずっと足にまとわりつきながら着いて来て、

それどころか、コンサートの最中も、ボクの股の間にいたり、開いていた1列前の席にいたり……

きっと、一緒に聴いていたのかも。

いつも、家の中で、ハウスの前で聴いていたんだから。

 

 

そういえば、帰る時にはいなかったな……

 

今日も、家の中にいなかったような……

 

ひょっとして、置いて来たか?

 

まさかね。

 

 

kitaraのニューイヤー

  • 2018.01.14 Sunday
  • 23:59

おてんき -4.6℃/-18.1℃

 

 

今年のコンサート初めは、札幌交響楽団の、ニューイヤー・コンサート。

 

ウィーン・フィルのコンサートマスター、フォルクハルト・シュトイデを招いての演奏会。

 

 

ほぼ205日ぶりに訪れたkitara。

前回は、ぷろこも一緒だったな……

と、どうしても感傷的になってしまう。

 

 

 

さて……

ステージにも、花や幕が飾られて華やかな雰囲気の中、

 

1曲目は、歌劇「オベロン」序曲(C.M.ウェーバー)

今回、指揮者は不在なので、てっきりシュトイデさんが弾き振りをするのかと思いきや、

コンサートマスターの席に座ったまま、時々指示を出すという程度のアプローチ。

それでも、札響のメンバーは必死に合わせようとしていて、大きな乱れはないからさすが!

 

ただ、シュトイデさんの音がすごすぎる。

今回の座席は1階7列目27番でほぼ中央。

コンマスの席は同じ目線でド真ん前。

もう、音がビュンビュン飛んで来て、札響の皆さんには悪いけど、オーケストラのトゥッティを凌駕していました。

まるで、ヴァイオリン・ソロの曲のような……

 

 

2曲目は、Mブルッフ「ヴァイオリン協奏曲第1番」をシュトイデさんのソロで。

何度も聴いているこの曲、

傾向としては若手のヴァイオリニストが演奏する機会が多いようだが、

今回のように、ベテランのマエストロの実演に触れるのは珍しいかもしれない。

演奏は、ダイナミックかつ余裕をもった表現で、

どんなに細かい音符でもキレイな音色で奏で、しかも音の粒がハッキリしている。

弓の返しも、表現によって全て変えているのが、今回の席からはよく聴くことが出来た。

特に第2楽章の美しさは白眉。

この曲、こんなにも美しいメロディだったんだ……と、改めて心にしみた。

ただ、終楽章の後半から、何かしらガサツな演奏になってしまったのが惜しまれる。

きっかけは、オーケストラのトゥッティの部分でちょっとバラバラになってしまったことか?

それでイラッとした?

シュトイデさんは、弾きながらも時々オケに指示を出していたが、

その多くは、「もっと、もっと」と言っているようなジェスチャーで、

しかも彼が望んでいたテンポも、オケが演奏していたものとはちょっと違ったような振りも見られたりした。

そのあたりに齟齬があったのかもしれないけれど、実に残念。

 

 

 

 

第2部は、新春らしくシュトラウス一家の曲ばかり。

 

喜歌劇「こうもり」序曲(ヨハン・シュトラウス供

ポルカ「テープは切られた」(エドゥアルド・シュトラウス)

「鍛冶屋のポルカ」(ヨーゼフ・シュトラウス)

「トリッチ・トラッチ・ポルカ」(ヨハン・シュトラウス供

「射撃のカドリーユ」(エドゥアルド,ヨーゼフ,ヨハン・シュトラウス狭膾遏

ワルツ「ウィーン気質」(ヨハン・シュトラウス供

「ロシアの行進曲風幻想曲」(ヨハン・シュトラウス供

ワルツ「美しく青きドナウ」(ヨハン・シュトラウス供

 

正月に見たウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートを思い出したりして、

お正月気分がちょっと蘇って来た。

欲を言えば、もう少し演出をしても良かったんじゃないかな。

「鍛冶屋のポルカ」では蹄鉄を打つひとが前に出て来たり……

 

アンコールは、お決まりの「ラデツキー行進曲」

指揮者もいないので、シュトイデさんが目で合図をしただけなのに、今日のお客さんは完璧な手拍子☆彡

すげぇ〜〜。

 

 

いい演奏会だった♪

 

外に出たら、美しい黄昏時。

kitaraのイルミネーションも、いつもよりキレイに見えた。

 

 

 

 

 

まだ時間が早かったので、札幌でお正月ディナー。

というほどの食事でもないけれど、鹿児島黒豚のしゃぶしゃぶ「いちにいさん」でちょっと贅沢。

 

 

ステラプレイスの上階から見た夜景もキレイだった。

 

クルマ選びで大事なのは?

  • 2018.01.13 Saturday
  • 18:43

おてんき -8.8℃/-21.5℃

 

今朝はシバレました。

 

シバレルというのは、北海道弁で「寒い」とか「凍える」というような意味なんだけど、

「寒い」と言うよりは、「シバレル」と言った方が感覚としてはふさわしいような……

 

なにしろ、今冬初めて、マイナス20℃を下回ってましたからね。

 

真冬日は当たり前の毎日。

極寒日とでも言うんだろうか?

 

 

さて、そんな今日は、ちょっと旭川市内をうろうろドライブ。

 

まずは、昨日壊れていることに気付いたデリカのドアキーの修理にミツビシへ。

案の定、内部でロットが外れていたようで、無償で修理してくれました。

 

展示場には、11年前に買ったのとほぼ同型のデリカが!

いまだに現役で販売しているなんてちょっと驚きです。

 

 

ついでに……

とうわけではないけれど、隣のスバルに寄ってみました。

もし買い替えるなら……

国産で300万以下で考えるのならスバルVXかな、と思って見に行ったのですが……

 

車は、デリカと比べると小さいけれど、

思っていた通り、良さそうな車でした。

ただ、店員さん、あまり売る気ないのかな?

名刺やカタログはいただいたし、説明もして下さったけれど……

こちらの名前すら聞かないってのは……

 

 

さて、

気を取り直して、次はボルボへ。

「いつかはボルボ」って思っていたので、とにかく見てみたい。

いや、以前に何度かお店には行ってるんだけど、あまり突っ込んだ話はしていないんだよね。

 

ところが、今回はお店に入って少し話をした所で、「今から試乗してみますか?」って。

おぉ〜、せっかくのチャンスだし、乗ろう乗ろう♪

予算的にも、狙っているのはV40クロスカントリー

 

お店の周りを一周しただけ(とはいえ10kmくらい?)だけど、やはり「いいなぁ〜」って思っちゃう。

ちょっと容積が狭い感じはする(BbBassは乗らないかも)けど、

乗り心地や、運転した感じは、今まで乗って来た自動車とは全く違うもんね。

 

残念だったのは、寒過ぎて道路がツルツルのアイスバーン、

しかも車通りの多い道路だったので、あまり加速できなかったことかな……。

 

値段はちょっとお高いけど、魅かれます。

 

 

 

そして、最後はジープ

 

以前はラングラー狙いだったんだけど、最近はコンパスの方に魅かれたりしていて、

できれば乗ってみたかったんだけど……

 

このお店、以前は店長さん自ら説明してくれたりして対応が良かったのに……

今日はどうした?

カタログはくれたけど、名詞すらもらってない。

すっかり意気消沈して、今回の選択肢からは外そうかと思ってます。

 

 

結局、4店のディーラーをハシゴしたことになるんだけど……

車選びって、

自動車の性能とか、価格とか、そういうことも大事だけれど、

お店の雰囲気とか、店員さんの人柄とか、そういうことも大事だよね。

その車に乗っている間、ずっと付き合って行くんだから。

 

まだ乗り換えるかどうかは分からないけど、

今年変えなくても、2年後までには変えなきゃならないだろうし……

 

久し振りに、いろいろ見て、乗って、楽しもうと思います。

カギマニア

  • 2018.01.12 Friday
  • 19:08

おてんき -7.1℃/-17.4℃

 

 

今日は源泉税と法定調書の提出日。

 

さて、出掛けようとしたら……

 

車のカギがない!

 

 

我が家には普通自動車(デリカ)と軽トラック(ハイゼット)、

それに大型トラック(キャンター)の3台の自動車があるんだけど、

大型トラックは冬は格納してあるので、今使えるのは2台。

 

びんちゃんは、その2台の自動車のカギを持って行ってしまったらしい。

 

 

残ったデリカはキーレス仕様。

合鍵があるはずなので、探してみたら見付けることは出来たものの、なぜかドアが開かない!

いつも、キーレスで開けているので、鍵穴にキーを突っ込んだのは今日が初めて。

いつから壊れていたのかは分からないけど、とにかく開かない。

 

 

 

 

結局、近所のやさしいお兄さんに相乗りさせてもらって提出して来たけれど……

 

ホントに勘弁して欲しい。

 

 

ついでに書いておくと、

自宅のカギも、全部で4つ合鍵があるんだけど、

そのうち3つを持って出掛けたらしい。

 

どんだけカギが好きなんよ!

 

とんだカギマニアだ……

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM